新世代オネエ(6人)

次のページをもとにクイズを作成しました。

ポスト・マツコは誰? “新世代オネエ”の台頭

Q.

【1218】日本名は「カサハラアキラ」。『有吉大反省会』[日本テレビ系]に出演した際に、自身が「オネエ」であることを告白して以降は「トランスジェンダー」タレントとして活動している、父が日本人とスペイン人のハーフ、母がメキシコ人のクォーターである、メキシコ出身でメキシコ国籍のファッションモデル、ミュージシャン、タレントで、パリコレのモデルに選ばれた(2004年)ことや、PENICILLINのヴォーカリスト・HAKUEIの全面プロデュースで音楽活動をしていたことなどで知られるのは誰?

【1219】最近、自身のブログで突発性難聴であることを告白した、アパレルブランド「BADASS」のデザイナーであり、ブランド「BABYKING」の共同設立者であるという、「やーよ!」のフレーズでおなじみのメイクアップアーティスト、オネエタレントで、自身は、おネエ系ではない“ニューキャマ系”であるとし、「中性的なトップになりたい」と表明もしたのは誰?

【1220】 2012年4月に出演したテレビ番組でAKB48のメンバーのメイクにダメ出しを連発し、柏木由紀にいたっては「ザ・不潔ちゃん!」の評価を下した、本名(?)を本田ヒカルという、“女性のメイクで全てがわかる”らしいメイクアップアーティストは誰?

【1221】元々は造花アーティストで、造花でデコレーションした手鏡の「楽屋ミラー」も作っていている、“緑の妖精”風の衣装を身にまとっているデザイナーは誰?
※ももいろクローバーZの衣装もデザインしているそうです。

【1222】本名は小野雄治郎。はるな愛がニューハーフの世界大会「Miss International Queen(ミス・インターナショナル・クイーン)」に優勝した翌年(=2010年)に同大会で準優勝したという経歴を持つオネエタレントで、『週刊プレイボーイ』2015年4月20日号では“オネエ初のグラビアアイドル”となったのは誰?

【1223】本名は滝島秀樹。「笑っていいとも!」のオネメン(黙っていればイケメン、しゃべるとオネエのオネエなイケメン)コンテストの第1回優勝者である、「ネオネエンターテイナー」(ネオ、オネエ、エンターテイナーを合わせた造語)を自称するミュージシャンは誰?

A.

【1218】IVAN(アイヴァン)
※本名はLiera Manuel Ivan(リエラ・マヌエル・アイヴァン)

【1219】GENKING

【1220】ピカ子

【1221】トシ子ちゃん

【1222】たけうち亜美

【1223】HIDEKiSM(ヒデキズム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。