広州恒大の監督、ドルトムントのアジアツアーなど | 4問

サッカーの時事です。

Q.

【1351】先月、中国サッカー・スーパーリーグの広州恒大の監督に就任した、ポルトガル代表や母国のブラジル代表、その他多数のクラブで監督を務めたサッカー指導者は誰?
※1990年にはクウェート代表の監督を務めました。

広州恒大の前監督は元イタリア代表のファビオ・カンナヴァーロ。

【1352】元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元イングランド代表MFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロが在籍している、MLSのクラブは何?

【1353】パプアニューギニアで開催されているパシフィックゲームズのサッカー(U-23代表戦)で、対タヒチ戦で0-30、対フィジー戦で0-38、そして、対ミクロネシア連邦戦で0-46と、3試合で114点もの失点を喫したのはどこの代表でしょう?

【1354】7月7日に横浜市のららぽーと横浜でボルシア・ドルトムントの来日を記念したイベントが開催されました。そして、そのイベントに、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」等で香川真司のモノマネをしていることで知られるお笑い芸人が“サプライズ登場”しました。ちよ(濱千代渉)と「どるとんず」というコンビを組んでいるその芸人とは誰でしょう?

ボルシア・ドルトムントは、クラブ初となるアジアツアーを行いました。上記のイベントはその一環です。7日に川崎フロンターレと親善試合を行い、6対0で快勝(香川真司は2得点、丸岡満も1得点を決めた)、9日には昨年のマレーシア・スーパーリーグ優勝クラブのジョホール・ダルル・タクジムFCと親善試合を行い、こちらも6対1で快勝(香川は丸岡のアシストで1得点を決めた)。

A.

【1351】ルイス・フェリペ・スコラーリ
※6月29日、広州恒大はトッテナム・ホットスパーFCからブラジル代表のMFパウリーニョを獲得したことを発表しました。

中国サッカー・スーパーリーグでは大物選手の加入が相次いでいます。上海申花は2月にオーストラリア代表FWティム・ケーヒルを、6月にはマリ代表MFモハメド・シソッコとセネガル代表FWデンバ・バを獲得しています。

【1352】ニューヨーク・シティーFC

【1353】バヌアツ

【1354】浅野智秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。