大勝軒の分裂騒動、ダイヤモンドダイニングの社長など | 8問

時事ネタクイズです。

Q.

【1788】ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ[ベルギー]に買収されることになった、ビール世界第2位の醸造会社は何? 本社はイギリス、ロンドンのシティ・オブ・ウェストミンスターにあります。
答:SABミラー

【1789】《5択問題》
つけ麺の元祖、「東池袋大勝軒」の創業者・山岸一雄(平成27年4月1日死去)の弟子約60人で構成された互助組織「大勝軒のれん会」の分裂騒動が、新たな局面を迎えているそうです。なんでも、「東池袋大勝軒」の“本家”に当たる「中野大勝軒」が仲裁へ動き出したとのこと。さかのぼること今年8月、「のれん会」を脱会した弟子ら31人が分派「大勝軒 味と心を守る会」を発足しました。「守る会」の代表の一人は「2代目からひどい仕打ちを受けた」などと話しています。さて問題です。“クーデター”を起こされてしまった、東池袋大勝軒の2代目店主とは、次のうちの誰でしょう?

坂口光男 飯野敏彦 田内川真介 柴木俊男 佐野実

答:飯野敏彦

【1790】「VAMPIRE CAFE」や「ベルサイユの豚」など、数々のユニークな店舗を展開することで知られる外食産業企業「ダイヤモンドダイニング」の創業者、代表取締役社長であり、「外食業界のファンタジスタ」と呼ばれる人物で、若年性パーキンソン病であることを公表したのは誰?
※小松成美(なるみ)のノンフィクション『熱狂宣言』にその人生が描かれている。
答:松村厚久

【1791】シリア難民と思われる少女が描かれた「そうだ、難民しよう!」のイラストが国内外から非難を浴びています。このイラストの作者である漫画家は誰?
※9月10日、自身のフェイスブックにイラストを掲載した。
答:はすみとしこ

【1792】首府は南寧市(なんねいし)。最近、爆弾テロによる爆発事件が相次いでいる中華人民共和国の自治区は何?
答:広西(こうせい)チワン族自治区

【1793】今年の3月号までは月刊だったが、4月より季刊となった、KADOKAWAが発行していた老舗の歴史専門雑誌で、10月6日発売の2015年秋号を最後に休刊したのは何?
答:『歴史読本』

【1794】平成25年8月に刊行した自伝的エッセー『東京百景』が、このほど、発行部数10万部を超えたという、ロン毛の人は誰?
答:又吉直樹

【1795】日本で初めてとなる春画の本格的な展覧会「SHUNGA 春画展」が開催されている、東京都文京区目白台にある美術館といえば、「〔何〕文庫」?
※春画展の開催期間は9月19日から12月23日まで。
答:永青文庫(えいせいぶんこ)

A.

【1788】SABミラー
※「SAB」の読み方は多分「エスエービー」です。ニュース動画で確認してみたら、そのように読み上げていましたから。「サブ」でもいいんかな?

【1789】飯野敏彦
※仲裁へ動き出した中野大勝軒の坂口光男社長は、年内にも和解させたい考えを明らかにしています。

【1790】松村厚久

【1791】はすみとしこ

【1792】広西(こうせい)チワン族自治区
※チワン族は中国最大の少数民族。

中国の自治区は他に、内モンゴル自治区〈フフホト市〉、チベット自治区〈ラサ市〉、新疆ウイグル自治区〈ウルムチ市〉、寧夏回族自治区〈銀川市〉がある。※〈 〉内は首府。

【1793】『歴史読本』

【1794】又吉直樹

【1795】永青文庫(えいせいぶんこ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。