党名の略称

Q.

【2371】中山恭子(きょうこ)が代表を務める「日本(にっぽん)のこころを大切にする党」。平成27年12月21日に現在の党名に変更するまでは、何という党名だったでしょう?

「日本のこころを大切にする党」という長すぎる党名は、当初、あまり評判がよくなかったような気がします。
しかし、どこかで誰かが言っていたのですが、略称が「日本」なので、テレビの選挙特番で「日本は~、日本が~」と、「日本」を連発してくれるという「効果」があるという狙いも込められているらしいです。よく知りませんけど。

ところが、最近、新聞の小さい見出しで、同党は「こころ」と略されていました。

調べてみますと、「日こころ」と略されることもあるみたいです。

ネット上では「日本心党」というのも見かけました。(おいおい)
細川護煕が代表を務めた「日本新党」からの思い付きですね。
日本新党の略称はもしかして「日本」かも、と思ったのですが、「日本新」「日新」のようです。

田中康夫代表の「新党日本」の略称は「日本」です。

ところで、長い党名といえば、「生活の党と山本太郎となかまたち」が思い浮かびます。略称は「生活の党」「生活」「生」が正式らしいのですが、「略称:山本太郎」と書かれたりもしています。

A.

【2371】次世代の党

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。