NBAオールスター18年連続出場、琴奨菊のルーティンなど | 4問

スポーツの時事問です。

Q.

【2417】先月開催された、テニスの全豪オープン女子シングルスで、1回戦では土居美咲[ミキハウス]にマッチポイントを握られるも勝利を収め、決勝でセリーナ・ウィリアムズに勝利し、グランドスラム(4大大会)初優勝を果たしたドイツの選手は誰?
※ドイツ人女子のグランドスラム制覇は1999年の全仏オープンを制したシュテフィ・グラフ以来となる。

【2418】今年2月14日(日本時間15日)、エア・カナダ・センターで行われた第65回NBAオールスターゲーム(※アメリカ以外での開催はNBA史上初)に出場し、自身の持つNBA最長記録となるオールスター連続出場回数を18回とした、オールスターではボブ・ペティットと並ぶ歴代最多の4回、MVPに輝いている、20年に及ぶキャリアをロサンゼルス・レイカーズ一筋で過ごし(※同一チーム在籍年数の最長記録)、2015-16シーズンをもって引退することを発表していたバスケットボール選手で、レギュラーシーズンでの通算得点数は、カリーム・アブドゥル=ジャバー、カール・マローンに次いでNBA歴代第3位であるのは誰?
※2006年1月26日にはトロント・ラプターズ戦でNBA歴代2位の1試合81得点をマークした。ちなみに1位の記録は、1962年3月2日、ウィルト・チェンバレン[フィラデルフィア・ウォリアーズ]がニューヨーク・ニックス戦で達成した100得点。

【2419】日本出身力士として10年ぶりに幕内優勝を果たした琴奨菊が取組直前に行う、両腕を広げて上体を反らすルーティンの呼び名が、このほど決まりました。フィギュアスケーター・荒川静香の有名な技にちなむ、その呼び名とは何?

【2420】愛称はペップ(Pep)。バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンの監督を歴任し、2016-2017シーズンよりマヌエル・ペジェグリーニの後任としてマンチェスター・シティの監督を務めることになった、スペイン・カタルーニャ州出身のサッカー指導者は誰?

A.

【2417】アンゲリク・ケルバー

【2418】コービー・ブライアント

【2419】琴バウアー
※イナバウアーとは、足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑る技のことであり、上体を反らせる姿勢とは関係ない。荒川静香のトレードマークとなっているあれは、「レイバック・イナバウアー」や「サーキュラー・イナバウアー」と言うべきものである。

【2420】ジョゼップ・グアルディオラ
※そもそも、ジョゼップ(Josep)の愛称形がペップ(Pep)である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。