全仏オープンで優勝したスペイン人、グランシニストラなど | 5問

スポーツ時事です。

Q.

【2978】2015年5月30日、フリアン・イェドラス[メキシコ]とWBO世界ミニマム級王座決定戦を行い、判定勝ちを収め、日本最速記録となるプロ5戦目での世界王座獲得に成功。同年12月31日、ビック・サルダール[フィリピン]にKO勝ちし、世界タイトル初防衛に成功。今年4月、ライトフライ級に転向しWBO世界ミニマム級王座を返上したSOUL BOX畑中ボクシングジム(※畑中清詞(きよし)会長)所属のプロボクサーで、今年5月28日、ライトフライ級進出戦となるレネ・パティラノ[フィリピン]との対戦でKO勝ちを収めたのは誰?

日本人プロボクサーの現役世界ライトフライ級王者は、WBAの田口良一[ワタナベボクシングジム]と、IBFの八重樫東(やえがし・あきら)[大橋ボクシングジム]。

【2979】昨年のウィンブルドンでは準優勝(※セリーナ・ウィリアムズが優勝)している、現在、WTAシングルスランキングで2位につけている、ベネズエラ・カラカス出身でスペイン国籍の女子プロテニス選手で、今年の全仏オープンで、セリーナ・ウィリアムズ[米]を決勝で破り、グランドスラム初優勝を果たしたのは誰?
※スペイン女子の4大大会制覇は1998年全仏オープン優勝のアランチャ・サンチェス以来。

【2980】6月5日にコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場)行われた陸上競技大会「布勢スプリント」で、男子100メートルに出場し、日本歴代5位、向かい風の条件では日本歴代最高記録となる10秒06(風速:-0.5m/s)をマークして優勝した、セイコーホールディングス所属の選手は誰?

【2981】《サッカー問題》
「グランシニストラ(偉大なる左足)」の愛称を持ち、セリエA史上最多の27回、直接フリーキックによるゴールを挙げている、元ユーゴスラビア代表選手であるサッカー指導者で、昨年4月にACミランの監督を解任されたが、今年、トリノFCの監督に就任したのは誰?
※ACミランの現監督はクリスティアン・ブロッキ。

【2982】今年、ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークスのアメリカクラシック三冠に挑戦し、それぞれ9着、5着、3着の成績だった、父・タピット(Tapit)、母・ヘヴンリーロマンス、母の父・サンデーサイレンスという血統を持つ芦毛の牡馬で、3月26日には日本調教馬として初めてUAEダービー[メイダン競馬場]優勝を果たしたのは何?
※調教師は松永幹夫[栗東]。騎手は武豊。

A.

【2978】田中恒成(こうせい)

【2979】ガルビネ・ムグルサ

2016年6月13日現在のWTAシングルスランキング(5位まで)は次の通り。

  1. セリーナ・ウィリアムズ[米]
  2. ガルビネ・ムグルサ[スペイン]
  3. アグニエシュカ・ラドワンスカ[ポーランド]
  4. アンゲリク・ケルバー[独]
  5. シモナ・ハレプ[ルーマニア]

【2980】山縣亮太(やまがた・りょうた)

【2981】シニシャ・ミハイロヴィッチ

【2982】ラニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。