13連敗した大関/2016年日本サッカー殿堂/囲碁女流5冠 | 4問

今日も時事です。

Q.

【3198】カド番で迎えた「大相撲平成28年7月場所」(名古屋場所)で、初日に隠岐の海を破り、連敗を13で止めた、伊勢ヶ濱部屋所属で本名をガントルガ・ガンエルデネという大関の力士は誰?
※同場所を8勝7杯の成績で終えた。13連敗は大関のワースト記録である。

今年の名古屋場所の幕内優勝力士は日馬富士。

【3199】今年の「日本サッカー殿堂」において、今回から新設されたチーム部門で選出されたのは、何という都市で開催されたオリンピックに出場した日本代表チームでしょう?

【3200】今年の日本サッカー殿堂に選出された、日本代表監督として指揮した国際Aマッチにおける71試合、38勝はともに歴代最多記録であるサッカー指導者は誰?

【3201】今年創設された扇興杯女流最強戦(主催:日本棋院 /協賛:センコー株式会社)で優勝し、女流本因坊、女流名人、女流棋聖、会津中央病院杯と合わせて女流の主要なタイトル5冠をすべて独占した囲碁の女流棋士は誰?

A.

【3198】照ノ富士 春雄

【3199】ベルリン
※1936年のベルリンオリンピックで、初出場の日本代表は、1回戦で強豪スウェーデンを3-2で下し、この試合は「ベルリンの奇跡」として語り継がれている。監督は鈴木重義。

【3200】ジーコ

【3201】謝依旻(しぇい・いみん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。