『ハンドトーク ジラファン』の著者、『少女A』『涙のリクエスト』の作詞者など | 4問

ノンジャンル時事です。

Q.

【3613】人見知りで口下手の少年マールが、身振り手振りでコミュニケーションする不思議な動物・ジラファンと出会い、やがて、たくさんの友達に囲まれている自分に気づくという内容である、コミュニケーションの可能性を表現した絵本『ハンドトーク ジラファン』の作者であるイラストレーターで、他の著作に、初の電子書籍の『HAND TALK』、自伝的エッセイ『世界がこんなに騒がしい日には』、絵本『1+1=1』などがあるのは誰?
※『ハンドトーク ジラファン』は、10月5日にNHKのニュース番組『おはよう日本』で紹介され、反響を呼んでいる。

【3614】先月刊行された『砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々』の著者である作詞家で、中森明菜の『少女A』、チェッカーズの『涙のリクエスト』、荻野目洋子の『六本木純情派』など数々のヒット曲を手掛けているのは誰?

【3615】対局中の退席でスマホの将棋ソフトを不正に使用して自らの指し手を決めていたのではないかという疑惑が持ち上がり、12月31日までの公式戦出場停止処分となり、せっかく挑戦権を獲得していた竜王戦にも出場できなくなってしまった、西村一義九段門下の将棋棋士は誰?
※本人は不正疑惑を否定している。
代わりに挑戦者として渡辺明竜王と対戦することとなったのは丸山忠久九段。

【3616】最近、未成年の学生に飲酒をさせ、さらに集団強姦をしていたことまで発覚した「広告学研究会(広研)」や、未成年飲酒・過剰飲酒のトラブルにより昨年1月に強制解散となった“テニスサークル”「シルバーキャノンボール(シルキャン)」といえば、何という大学のヤリサー(性行為を目的としたサークル)でしょう?

A.

【3613】門秀彦(かど・ひでひこ)


ハンドトーク ジラファン

【3614】売野雅勇(うりの・まさお)


砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々

【3615】三浦弘行

【3616】慶應義塾大学
※広告学研究会は、女子アナウンサーへの登竜門」とも呼ばれる「ミス慶応コンテスト」の主催サークルです。歴代の優勝者には、中野美奈子、青木裕子、竹内由恵らがいます。今年のミス慶応コンテストは中止になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。