「うつヌケ」の作者、新宿の目、稲葉陽に敗れA級から陥落など | 7問

ノンジャンルの時事問です。

Q.

【4524】自身のうつ病脱出体験をベースに、うつ病を脱出した人たちのエピソードをまとめた『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』や、著名漫画家の息子や娘にインタビューを行い、家族の生き方や漫画の描き方などについて描いた『〔答え〕の「ペンと箸」: -漫画家の好物-』などの作者である漫画家で、手塚治虫をはじめとする有名な漫画家のパロディ作品を数多く執筆していることでも知られるのは誰?
答:田中圭一

【4525】3月1日に奈良県立橿原考古学研究所が「7世紀の飛鳥時代最大規模の方墳」と発表した、その被葬者は被葬者は舒明天皇、あるいは蘇我蝦夷と言われている奈良県高市郡明日香村にある古墳は何?
答:小山田(こやまだ)古墳

【4526】新宿駅西口地下広場にある、新宿スバルビルの地下の壁面に昭和44年に設置された、目を模した巨大なアクリル製オブジェ『新宿の目』は、「目」の向こう側に照明が仕込まれています。待ち合わせ場所としても有名です。最近、ビルの建て替えでなくなるとツイッターで話題になり、所有する小田急電鉄によって「現時点でそういった話はない」と否定されました。さて、このオブジェの作者である彫刻家は誰でしょう?
答:宮下芳子

【4527】3月8日の国際女性デーに合わせた企画で、3月3日までに、機長や客室乗務員から整備士、管制にいたるまですべて女性のスタッフによる世界一周のフライトを行った航空会社で、先頃、機内に世界初であるという女性専用座席を設置したのは、フラッグ・キャリアである何という会社でしょう?
答:エア・インディア

【4528】本名は王立銘。そのペンネームは中国語で「唐辛子」を意味している亡命中国人漫画家で、新潮社から発売された『マンガで読む 嘘つき中国共産党』がよく売れているのは誰?
答:辣椒(ラージャオ)

【4529】《4択問題》
2月28日、原付レジャーバイク「モンキー」の特別仕様車「モンキー 50周年アニバーサリー」を発売したメーカーは?

本田技研工業 ヤマハ発動機 スズキ カワサキ

答:本田技研工業

【4530】2月25日に東京都渋谷区の将棋会館で行われた第75期名人戦A級順位戦最終9回戦で、異例の千日手指し直しの末、稲葉陽(いなば・あきら)八段に敗れ、3勝6敗となり、名人在位8期を含む22期連続で在籍したA級からB級1組へ陥落した、勝浦修(おさむ)九段門下の将棋棋士は誰?
※稲葉陽は8勝1敗で、佐藤天彦(あまひこ)名人への挑戦権を獲得した。
答:森内俊之

A.

【4524】田中圭一

【4525】小山田(こやまだ)古墳

【4526】宮下芳子

【4527】エア・インディア

【4528】辣椒(ラージャオ)

【4529】本田技研工業

【4530】森内俊之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。