FIGが認定した日本人2名の新技 | 2017年4月

【時事】テーマは体操競技。

Q.

【4641】体操競技で、「伸身リ・ジョンソン」とも呼ばれる床運動(ゆか)のH難度の技「後方伸身2回宙返り3回ひねり」と、価値点が5.4の跳馬の技「シェルボ2回ひねり」に共通する技名は何?
※跳馬の方は、今年4月に認定された新技。

【4642】F難度のシライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)に半ひねり加えたものである、今年4月、国際体操連盟(FIG)によって命名された床運動のG難度の技は何?
※答えはカタカナ3文字。今年3月にドイツで開催された国際大会でこの技に成功した選手の苗字です。

白井健三の名前が付いた技は、床運動(ゆか)と跳馬で3つずつ、計6個となりました。

↓ ↓ ↓

◆ゆか

シライ/グエン(後方伸身宙返り4回ひねり) F難度

シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり) F難度

シライ3(後方伸身2回宙返り3回ひねり) H難度

◆跳馬

シライ/キム・ヒフン(伸身ユルチェンコ3回ひねり) 6.0点

シライ2(伸身ユルチェンコ3回半ひねり) 6.4点

シライ3(シェルボ2回ひねり) 5.4点

A.(答え)

【4641】シライ3
※日本体育大学の白井健三に因む。

【4642】ゴシマ
※仙台大学の五島誉博(ごしま・たかひろ)に因む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。