東大野球部出身のTBSアナ、サツロー、座右の銘は何苦楚魂など | 4問

 

野球の時事問です。

Q.

【4745】東大野球部で正捕手として活躍し、宮台康平(みやだい・こうへい)投手の女房役を務め、東京六大学野球で94連敗していた東大が連敗をストップさせた試合でも捕手を務めていた人物で、今年4月、TBSにアナウンサーとして入社したのは誰?
※同期入社は山形純菜(じゅんな)、山本里菜。東大野球部出身者が民放キー局のアナウンサーになるのは史上初めて。

【4746】今年3月、専修大学北上高校[岩手県北上市]の硬式野球部の監督に就任した、現役選手時代は滝川高校、専修大学、社会人野球のプリンスホテル、そして、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ、西武ライオンズでプレーし、捕手として活躍した野球人で、守備の時にもヘルメットをかぶっていた(※義務化されていない時代からそうしていた)その姿から「一休さん」という愛称が付いたのは誰?
中尾孝義

【4747】昨シーズンはシカゴ・カブスに所属し、今シーズンは古巣の福岡ソフトバンクホークスに復帰し、背番号もかつてのホークス時代と同じ52番をつけている内野手で、鹿児島県立鹿児島工業高校時代は「サツロー(薩摩のイチロー)」と呼ばれたのは誰?

【4748】座右の銘は「何苦楚魂(なにくそだましい)」。東京ヤクルトスワローズや大リーグなどで活躍し、現在はベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の福島ホープスで選手兼任監督を務めている内野手で、今年4月10日、今季限りでの現役引退を発表したのは誰?

A.

【4745】喜入友浩(きいれ・ともひろ)

【4746】中尾孝義

【4747】川﨑宗則

【4748】岩村明憲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。