NPB・MLB通算で2000本安打を達成した日本人選手

Q.

【4997】外野手でありながら今年6月30日の対ニューヨーク・ヤンキース戦で9回に6番手の投手としてメジャー初登板を果たし、1イニングを投げ切り、20球を投げて1安打3失点、2四球という結果を残した、2011年までは東京ヤクルトスワローズでプレーし、その後、ミルウォーキー・ブルワーズ、カンザスシティ・ロイヤルズ、サンフランシスコ・ジャイアンツ、シアトル・マリナーズと渡り歩き、 今年はヒューストン・アストロズでプレーしているメジャーリーガーで、6月11日の対ロサンゼルス・エンゼルス戦で、日本人選手で史上7人目(*)となる、日米(NPB、MLB)通算2000本安打を達成したのは誰?

(*)他の6人はイチロー、松井秀喜、松井稼頭央、中村紀洋、井口資仁(ただひと)、福留(ふくどめ)孝介。

A.

【4997】青木宣親(のりちか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。