2017年10月、都民ファーストの会を離党した2人

Q.

【5308】早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後はLVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社し、化粧品ブランド「ゲラン」で7年間、営業・マーケティング経験を積み、2013年、東京都議会議員選挙に北区選挙区から「みんなの党」公認で出馬し、初当選。
2015年には松田公太を初代代表として結党した「日本を元気にする会」に参加し、同年、シングルマザーだった江東区議会議員の三次由梨香(みつぎ・ゆりか)と入籍した東京都議会議員で、
2017年1月、「都民ファーストの会 東京都議団」の初代幹事長に就任し、同年の都議会議員選挙に地域政党「都民ファーストの会」の1次公認候補としてトップ当選を果たし、小池百合子都知事の側近として知られていたが、同年10月、〔【5309】の答え〕と共に同党を離党し、二人で会派「かがやけTokyo」を設立したのは誰?

【5309】2005年、東京都議会議員選挙に千代田区選挙区から出馬したが、現職の内田茂(当時、自由民主党東京都連幹事長)に敗れ、落選し、その後、2007年から2012年まで江戸川区議会議員を務め、2013年、東京都議会議員選挙に江戸川区選挙区から「みんなの党」公認で出馬して当選し、2015年には地域政党「自由を守る会」を設立し、代表に就任した東京都議会議員で、自身の経験をもとに、議員になる前から子育て支援活動に取り組んでいるのは誰?
※「地域政党サミット(全国地域政党連絡協議会)」の副代表でもある。

A.

【5308】音喜多駿(おときた・しゅん)

【5309】上田令子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。