「#MeToo(私も)」運動を批判した女優や作家

Q.

【5591】代表作に、女性を子供を産むための道具として扱う近未来の独裁国家・ギレアデ共和国を描いたディストピア小説『侍女の物語』があるが、最近、性暴力の被害を告発する「#MeToo(私も)」運動の行き過ぎを懸念する論説を発表し、論争を引き起こしたカナダの女性作家で、その他の主な作品に、2000年度のブッカー賞受賞作である『昏き目の暗殺者』(原題:The Blind Assassin)や、『オリクスとクレイク』『浮かびあがる』『寝盗る女』『キャッツ・アイ』などがあるのは誰?

【5592】今年1月9日、フランス人女性100人が、セクハラなどの性暴力を告発する「#MeToo」運動は行き過ぎで、「魔女狩り」であると批判する書簡をル・モンド紙に寄稿しました。
その100人のうちの一人である、
1964年公開のミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のヒットで世界的スターとなった女優で、
1967年公開の映画『ロシュフォールの恋人たち』では実の姉であるフランソワーズ・ドルレアックと共演したのは誰?

【5593】先頃、パリ・マッチ誌のインタビューの中で、ハリウッドにおける「#MeToo」運動について、「ただの売名行為」「ほとんどが偽善者でバカげている」と非難した、動物愛護運動家としても知られるフランスの女優で、「フランスのマリリン・モンロー」と呼ばれ、「BB」の愛称で知られるのは誰?

▼もう1問、おまけ問題。

【5594】1952年に18歳の〔【5593】の答え〕と結婚し、1956年に〔【5593】の答え〕を主演に『素直な悪女』で映画監督としてデビューした人物で、プレイボーイとしても知られ、ジェーン・フォンダ、マリー=クリスティーヌ・バローらとの結婚歴があり、〔【5592】の答え〕との間に息子・クリスチャン(※俳優)をもうけているのは誰?

A.

【5591】マーガレット・アトウッド

【5592】カトリーヌ・ドヌーヴ
本名はカトリーヌ・ファビエンヌ・ドルレアック。

【5593】ブリジット・バルドー

【5594】ロジェ・ヴァディム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。