日本プロゴルフ | 2017年の賞金王、賞金女王

Q.

【5596】2017年は、中日クラウンズ、日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯、HONMA TOURWORLD CUP、ゴルフ日本シリーズJTカップの4大会で優勝し、特にHONMA TOURWORLD CUPでは初日からの72ホールノーボギーで一度も首位を譲ることのない完全優勝であった、2016年より選手会長を務めているプロゴルファーで、2017年、ツアー史上初めて、現職の選手会長として賞金王となったのは誰?

【5597】2014年、日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯で、20歳128日にしてツアー初優勝を果たし(※宮里藍が2006年に21歳83日で達成した同大会史上最年少優勝記録を更新)、2年後の2016年にも同大会を制した、2015年にアメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置くクラウドコンピューティング・サービスの提供企業、セールスフォース・ドットコムと所属契約を締結したプロゴルファーで、2017年、日本人選手としては2013年の森田理香子以来4年ぶりとなる賞金女王に輝いたのは誰?

A.

【5596】宮里優作(みやざと・ゆうさく)

【5597】鈴木愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。