ごみ箱の容量を減らせばハードディスクの空き容量を増やせる。

ある日、Cドライブの空き容量を増やす方法として、ごみ箱の容量を減らせばいいという方法を知った。

やり方は簡単で、ごみ箱を右クリックしてプロパティを選択すれば、そこにサイズの欄があるので、そこの数字を小さくすればいい。

それはいいとして、分からないことがある。うちのパソコンだけかもしれないけど、「ごみ箱の場所」というのがなぜか2つある。両方ともローカルなんとか、で、どっちもCドライブにあるらしいんだけど、違いでもあるのかな? よく覚えていないが、ごみ箱の容量を減らそうとする前は2つもなかったような気がする。

↓ ↓ ↓

ごみ箱

ちなみにこれはWindowsVistaです。

まあべつに分からないから困っているってことはないんだけど。

余談。

ごみ箱のプロパティを見ると、「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消す」というのも選択できることが分かる。
ごみ箱を空にしなくても、勝手に、そして瞬時に空になるようにすることもできるというわけ。
でも、万が一、間違えてごみ箱に移動してしまう時のことを考えると、この設定はしない方がいいと思う。
ごみ箱を異常なほど長い間、空にするのを忘れることはないし。
それに、ディスククリーンアップをする時にごみ箱にチェックを入れておけば(ふつうは最初からチェックが入っている)空になるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。