年末(2015年)の格闘技 | ライジンとイノキボンバイエ | 18問

去年の年末、さいたまスーパーアリーナでは「RIZIN(ライジン) FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」が開催され、両国国技館では「INOKI BOM-BA-YE(イノキボンバイエ) 2015」が開催されました。

「RIZIN(ライジン)」の方は開催期間が2015年の12月29日~31日で、29日には「SARABAの宴」が、31日には「IZAの舞」が行われました。

ではクイズです。

Q.

【2158】2006年5月のマーク・ハント戦以来、約9年7カ月ぶりの復帰戦となった昨年末の「RIZIN」での試合で、ゴング&ダッシュ戦法で知られるジェームス・トンプソン[英]をTKOで下した、“世界のTK”は誰?
答:高阪剛(こうさか・つよし)

【2159】本名の苗字は河部(かわべ)。15歳でK-1デビューし、「最強の15歳」「魔娑斗2世」として売りだされ、2014年に初代Krush-65kg級王者となったキックボクサーで、昨年末の「RIZIN」では西浦“ウィッキー”聡生(あきよ)にKO勝ちしたのは誰?
答:HIROYA

【2160】レスリング選手としてシドニーオリンピックにフリースタイル63kg級日本代表で出場している、2006年5月に山本”KID”徳郁(のりふみ)と対戦し、試合開始直後に左跳び膝蹴りを顔面にまともに受け、4秒でKO負けを喫し、この試合で下顎骨を骨折したことにより長期離脱を余儀なくされたが、同年10月にはイアン・シャファー[オーストラリア]に、2007年3月にはブラックマンバ[カナダ](インド系カナダ人)に勝利した総合格闘家で、昨年末の「RIZIN」ではMIXルールで日菜太(ひなた)と対戦し、1RでKO負けしたのは誰?
答:宮田和幸

【2161】2007年12月31日には「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」で憧れの選手であった田村潔司(きよし)と対戦し、ストレートアームバーで一本負けしている、「小さなヴォルク・ハン」「逆境ファイター」「闘うフリーター」「リングの魔術師」「シンデレラボーイ」などの異名を持つ総合格闘家で、昨年末の「RIZIN」での試合で、あびる優を妻に持つ才賀紀左衛門(さいが・きざえもん)に腕ひしぎ十字固めで一本勝ちしたのは誰?
答:所英男

【2162】2014年12月31日の「INOKI BOM-BA-YE」ではミルコ・クロコップ[クロアチア]にTKO負け、2015年12月29日の「RIZIN」(SARABAの宴)ではイリー・プロハースカ[チェコ]にKO負けした、歌手の林明日香を妻に持つ総合格闘家は誰?
答:石井慧(さとし)

【2163】昨年末の「RIZIN」で桜庭和志と対戦し、TKO勝ちを収めた、寝技に長けた総合格闘家で、「バカサバイバー」の異名を持つのは誰?
答:青木真也

【2164】本名の苗字は久保田。2011年に初代RISE QUEENを獲得、2015年には初代シュートボクシング女子世界フライ級王座を獲得した、「絶対女王」と呼ばれるシュートボクサーで、昨年末の「RIZIN」での試合でイリアーナ・ヴァレンティーノ[イタリア]を飛びつき腕十字固め(アームバー)で下し、総合格闘技デビュー戦を白星で飾ったのは誰?
答:RENA(レーナ)

【2165】大相撲の元大関把瑠都のバルトは、昨年12月31日の「RIZIN」(IZAの舞)で、元K-1王者のピーター・アーツを判定で下し、総合格闘技デビュー戦を白星で飾りました。ところで、ピーター・アーツは急きょ出場した代役でした。本来ならバルトと対戦するはずだったのに、ドタキャンして、IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)主催の「INOKI BOM-BA-YE 2015」の会場に姿を現したのは誰?
答:ジェロム・レ・バンナ

【2166】MMA(総合格闘技)初挑戦となった昨年末の「RIZIN」での試合で長島☆自演乙☆雄一郎を相手に1ラウンドKO勝ちを収めた、「シュートボクシングの絶対王者」と呼ばれるオランダ人選手は誰?
答:アンディ・サワー

【2167】昨年末の「RIZIN」で、山本アーセン(母親は山本美憂)を三角締めで破った、ヒクソン・グレイシーの次男は誰?
答:クロン・グレイシー

【2168】昨年末の「RIZIN」で、インド出身の男性キックボクサー、シング・心・ジャディブ(Singh “HEART” Jaideep)と対戦し、1ラウンドTKO勝ちを収めたのは誰?
答:エメリヤーエンコ・ヒョードル

【2169】元Strikeforce世界ライトヘビー級王者である、本名をモハメド・ラワルという総合格闘家・プロレスラーで、昨年末の「RIZIN」でトーナメントを勝ち抜き(※決勝戦の相手はイリー・プロハースカ)、RIZINワールドグランプリの初代チャンピオンとなったのは誰?
答:キング・モー

【2170】本名は岡本将之(まさゆき)。大相撲時代は霧の若という四股名で、十両まで昇進したが、2011年に八百長問題で相撲界を引退したプロレスラーで、昨年末の「イノキボンバイエ」に出場し、ワン・ビンに敗れたのは誰?
※2012年2月17日に行われたプロレス・デビュー戦でボブ・サップを逆片エビ固めで破った。
答:将軍岡本

【2171】大相撲時代(最高位は西前頭9枚目)は尾車部屋に所属し、若麒麟という四股名だった、2009年に大麻所持により日本相撲協会を解雇され、その後、プロレスへ転向し、2011年にプロレス大賞の新人賞を受賞したプロレスラーで、「INOKI BOM-BA-YE 2014」ではクリス・バーネットにTKO負けを喫し、「INOKI BOM-BA-YE 2015」のリベンジマッチでもクリス・バーネットにKO負けしたのは誰?
答:鈴川真一

【2172】「INOKI BOM-BA-YE 2015」で、身長227cm、体重175kgという“大巨人”、モンターニャ・シウバと対戦し、スリーパーホールドで一本勝ちした総合格闘家で、その2日前に開催された「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」の「SARABAの宴」にも出場し、勝利を収めているのは誰?
答:青木真也

【2173】橋本真也の長男であるプロレスラーで、昨年末の「イノキボンバイエ」で、橋本真也との抗争で知られる小川直也と対戦するも、完敗を喫したのは誰?
答:橋本大地(だいち)

【2174】2015年11月、千葉県我孫子市の市議会議員選挙に無所属で立候補し当選し、政治家との二足のわらじを履くこととなった、2008年にプロレス大賞の新人賞を受賞しているプロレスラーで、「INOKI BOM-BA-YE 2015」での試合で藤田和之に敗れたのは誰?
答:澤田敦士(あつし)

【2175】「IGF WORLD GP TOURNAMENT 2015」決勝でフェルナンド・ロドリゲス・Jr[ブラジル]を逆転KOで下し、第5代IGF王者 となったイギリスの選手は誰?
※トーナメントの1回戦ではミノワマン(本名・旧リングネーム:美濃輪育久)に判定勝ちした。

過去の歴代IGF王者は初代から順に、ジェロム・レ・バンナ、藤田和之、石井慧、ミルコ・クロコップ。(※ミルコ・クロコップはUFCと契約しIGFチャンピオンシップ王座を返上)

答:オリィ・トンプソン

A.

【2158】高阪剛(こうさか・つよし)

【2159】HIROYA

【2160】宮田和幸

【2161】所英男

【2162】石井慧(さとし)

【2163】青木真也

【2164】RENA(レーナ)
※本名は久保田玲奈(れな)。

【2165】ジェロム・レ・バンナ

【2166】アンディ・サワー

【2167】クロン・グレイシー

【2168】エメリヤーエンコ・ヒョードル

【2169】キング・モー

【2170】将軍岡本

【2171】鈴川真一

【2172】青木真也

【2173】橋本大地(だいち)

【2174】澤田敦士(あつし)

【2175】オリィ・トンプソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。