2013年プロ野球の新人王

今年(2013年)のプロ野球の新人王は、セ・リーグはヤクルトの小川泰弘投手、パ・リーグは楽天の則本昂大(のりもとたかひろ)投手が選ばれました。

そして、新人特別賞は菅野智之投手と藤浪晋太郎投手が受賞しました。

ゴールデン・ルーキー賞というのもあり、新人王の小川、則本の両投手が受賞しました。

新人王以外の特別新人賞とかゴールデン・ルーキー賞はどういう賞なのか調べてみると、特別新人賞というのは、いい新人選手が複数いる場合に設けられる賞でした。毎年ある賞ではないんですね。ゴールデン・ルーキー賞は佐川急便の協賛による特別賞で、新人王の選手を対象に表彰する賞です。ということは新人王は必ずゴールデン・ルーキー賞を貰えるのかな?

2008年から今年までの新人王を表にまとめておきます。なぜ2008年からにしたのかといいますと、その年から巨人の選手が4年連続で新人王になっているからです。
表では巨人の松本と長野以外は全員投手です。

2007 上園啓史 阪神タイガース 田中将大 東北楽天ゴールデンイーグルス
2008 山口鉄也 読売ジャイアンツ 小松聖 オリックス・バファローズ
2009 松本哲也 読売ジャイアンツ 攝津正 福岡ソフトバンクホークス
2010 長野久義 読売ジャイアンツ 榊原諒 北海道日本ハムファイターズ
2011 澤村拓一 読売ジャイアンツ 牧田和久 埼玉西武ライオンズ
2012 野村祐輔 広島東洋カープ 益田直也 千葉ロッテマリーンズ
2013 小川泰弘 東京ヤクルトスワローズ 則本昂大 東北楽天ゴールデンイーグルス

2013年プロ野球の新人王」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。