ラグビーW杯(2019年)のドリームサポーター

以下のクイズの答えは、日本で開催される予定の「ラグビーワールドカップ2019」の「ドリームサポーター」に就任した6名の著名人です。

Q.

【4991】2010年バンクーバーオリンピックのフィギュアスケート競技男子シングルに出場した日本人選手で、3位に入り銅メダルを獲得したのは髙橋大輔、8位だったのは小塚崇彦ですが、7位だったのは誰?

【4992】夫はトリノオリンピックにも出場したスノーボーダーの鶴岡剣太郎。現在、コマツ(小松製作所)の女子柔道部で助監督を務めている柔道家で、女子63kg級の選手として、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの2大会連続でオール一本勝ちによる金メダルを獲得したのは誰?

【4993】1990年には東京バナナボーイズのプロデュースにより「悲しき水中翼船」という曲で歌手デビューも果たしている、日本人初のフルタイムF1ドライバー(※1987年の開幕戦・ブラジルGPでロータス・ホンダよりデビュー)といえば誰?

【4994】築地市場のマグロ仲卸「鈴与」の三代目店主で、一般社団法人シーフードスマート代表理事を務める生田與克(いくた・よしかつ)の従兄である、サッカー解説者として活躍している人物で、1993年、Jリーグ開幕直前にヴェルディ川崎の監督に就任し、同クラブを1993年、1994年の2年連続で年間王者に導いたのは誰?

【4995】母親はオリンピックにも出場した元やり投選手のセラフィナ・モーリツであり、Alexander(アレクサンダー)というミドルネームを持つ、アテネオリンピックの金メダリストであり、ロンドンオリンピックでも銅メダルを獲得している東京医科歯科大学教授で、2005年4月5日のプロ野球、横浜-巨人戦の始球式で、野球経験はほぼゼロなのに球速131キロを記録したのは誰?

【4996】ストレッチ枕のプロデュースも行っている、2004年に有限会社オフィスブロンズを設立し、取締役社長を務めている、1969年にアメリカのサンフランシスコで生まれた、父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフである元バレーボール選手で、現役時代はアメリカの女子代表選手として活躍し(※バルセロナ五輪では銅メダルを獲得)、日本では東芝シーガルズやダイエー・オレンジアタッカーズの選手として活躍したのは誰?
※嘉悦大学女子バレーボール部の監督も務めた。

A.

【4991】織田信成

【4992】谷本歩実

【4993】中嶋悟

【4994】松木安太郎

【4995】室伏広治

【4996】ヨーコ・ゼッターランド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。