Q.

【4877】原料米は千葉県佐倉市馬渡(まわたし)産の「総の舞(ふさのまい)」(100%)であり、略称(略式名称)を「ぼくとオカン」という、文字数約300文字と日本一長い銘柄の日本酒を、日本酒専門店、KURAND(クランド)(リカー・イノベーション株式会社)と共同で企画・開発したのは、千葉県佐倉市馬渡に本社を置く何という酒蔵でしょう?

「ぼくとオカン」(略式名称)は、KURANDと千葉の酒蔵・〔【4877】の答え〕が共同で企画・開発した、日本一長い銘柄の日本酒です。「ぼくとオカン」は、女性蔵元杜氏であり母でもある田中素子氏の酒造りを引き継ぎ、息子の田中 淳平氏が初めて杜氏として母への思いを胸に醸した「母に贈る酒」です。

「ぼくとオカン」(略式名称)の正式名称は、『ぼくとオカン 純米吟醸「なにごとも本気でやれ」。それがぼくのオカンの口癖だった。子どもの頃、友達と遊びたくて勉強をサボると、遊びも勉強も本気でやれと叱られた。そんなことを言われる度に、オカンの生き方を押し付けられているようで、ぼくは少し嫌だった。職人仕事も家事も子育ても、オカンは本気でやっていた。米洗いや麹造り、槽搾りの袋積みも、驚くほどに丁寧だ。酒造りの職人として、変化する時代の中で蔵の味やこだわりを失わないように、オカンは本気で戦ったのだ。いつの間にかオカンの口癖はぼくの心に息づいている。なにごとも本気でやれ。ぼくだって、負けていられない。旭鶴 次期8代目当主、処女作によせて』。合計293文字(スペース込み)の、日本一長い銘柄の日本酒です。

▼引用元

ぼくとオカン

答えを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。