交代する声優は同じ声でなくてもよい。

亡くなった永井一郎に代わって、『サザエさん』の波平の声を茶風林が担当することになり、その最初の回も放送されました。評価はおおむね好評のようです。
怒鳴った時に『名探偵コナン』の目暮警部になってしまうという意見がありますが、そんなことべつにかまわないじゃないですか。

『サザエさん』はどうやら成功しているようですが、声優の交代というのは難しいもので、非難されないようにするのは至難の業です。
でも大抵の場合、非難する視聴者の側がおかしいです。以前と声が違うというだけで勝手に違和感を感じているのですから。

交代する声優は前任者と声が似ている必要はありません。キャラクターに合っていればいいのです。
ルパン三世(山田康雄→栗田貫一)や刑事コロンボ(小池朝雄→石田太郎)のように首尾良く似た声が出せる人が見つかればそれに越したことはないのですが、そんな適役がいない場合も多いでしょう。
無理に近い声の声優を探すよりは、キャラクターにマッチしているかどうかで決めればいいのです。
アニメではありませんが、『渡る世間は鬼ばかり』の岡倉大吉役が、亡くなった藤岡琢也に代わって宇津井健になりましたが、二人は似ていません。似ている必要はないのです。

『ドラえもん』の声優交代には批判が多いみたいですが、大山のぶ代の「ドラえもん」と同じ声の声優なんか一人もいない(想像です)のですから仕方ないでしょう。

追記。

『サザエさん』の声優

サザエ・・・加藤みどり
マスオ・・・近石真介→増岡弘
カツオ・・・大山のぶ代→高橋和枝→冨永みーな
ワカメ・・・山本嘉子→野村道子→津村まこと
タラオ・・・貴家堂子
波平・・・永井一郎→茶風林
フネ・・・麻生美代子

次の動画は『サザエさん』の第1回です。

《追記》 動画は削除されていました。

昭和44年に放送されました。今と全然違います。「笑えるアニメ」だった時代があったのです。
絵は原作に近いです。
この勢いのままでは長寿番組にはならなかったでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。