大相撲 | 平成二十九年九月場所、十一月場所 | 6問

今回のクイズは大相撲。

平成29年(2017年)の九月場所(秋場所)と十一月場所(九州場所)からの出題です。

Q.

【5419】《多答問題》
九月場所で休場した3横綱2大関の計5人の四股名をすべて答えよ。
※大関の2人は途中から休んだ。

【5420】《【5419】に関連してもう1問》
3横綱2大関の5人が休場したのは1918年(大正7年)の夏場所以来99年ぶりのことで、同場所では24代横綱・鳳、25代横綱・西ノ海、26代横綱・大錦と、九州山(きゅうしゅうざん)、伊勢ノ濱の2大関が休場しました。さて、同場所で優勝した、本名を中田守也という第27代横綱は誰でしょう?

【5421】新入幕の五月場所、七月場所、九月場所と、3場所連続で10勝5敗の成績を収め、五月場所と九月場所では敢闘賞を受賞し、十一月場所は新小結として迎えた、本名を打越奎也(うてつ・ふみや)という青森県出身で阿武松(おうのまつ)部屋所属の力士は誰?

【5422】九月場所と十一月場所の2場所連続で日馬富士から金星を奪い、2場所連続で殊勲賞を受賞した、本名を佐藤貴信という兵庫県芦屋市出身で貴乃花部屋所属の力士は誰?

【5423】39歳0カ月で迎えた十一月場所で、8場所ぶりに幕内に復帰し、8勝7敗の成績を収め、2000年の七月場所以来、103場所ぶり2度目の敢闘賞を受賞した、本名を杉野森竜児(すぎのもり・りゅうじ)という青森県出身で伊勢ヶ濱部屋所属の力士は誰?
※39歳0カ月での再入幕は、昭和移行では土佐ノ海の記録「38歳6カ月」を更新する最年長記録。

【5424】白鵬は十一月場所で40度目の優勝を果たしました。そして、三月場所と九月場所で休場しながらも、2年ぶり10度目の「年間最多勝」を獲得しました。さて、白鵬は、年6場所制となった1958年以降では最少記録となる計何勝で年間最多勝となったでしょう?

A.

【5419】白鵬、稀勢の里、鶴竜、高安、照ノ富士

【5420】栃木山

【5421】阿武咲(おうのしょう)

【5422】貴景勝(たかけいしょう)

【5423】安美錦(あみにしき)

【5424】56勝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。