タグ別アーカイブ: 書籍

Q.
【5569】今年1月6日、10代の妻の顔を殴るなどしてけがを負わせたとして傷害容疑で逮捕され、8日に釈放された経済評論家の三橋貴明(みつはし・たかあき)(本名:中村貴司(たかし)容疑者との共著に『コレキヨの恋文』『真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪―』がある、彼の元妻である作家は誰?
※他の著書に『希臘(ギリシア)から来たソフィア』(企画・原案:三橋貴明)、『顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い』(‎企画・監修:三橋貴明)がある。

答えを見る

ノーベル賞 2017年

遅まきながら、

2017年のノーベル賞からのクイズ。

【5562】《多答問題》
「概日リズム(体内時計)を制御する分子メカニズムの発見」により2017年のノーベル生理学・医学賞を受賞した3人のアメリカ人の名前をすべて答えよ。
※この3名はノーベル賞以外にもルイザ・グロス・ホロウィッツ賞(2011年)、ガードナー国際賞(2012年)などを共同で受賞しています。

続きを読む ノーベル賞 2017年

朝日新聞から圧力をかけられた3人

Q.

【5552】著書に『永田町アホばか列伝』や、生田與克(いくた・よしかつ)、和田政宗との共著『報道特注(本)』がある日本維新の会所属の衆議院議員で、2017年11月11日の朝日新聞の加計学園問題に関する社説に対し、Twitterで「朝日新聞、死ね」とツイートし、同新聞を発狂させたのは誰?

続きを読む 朝日新聞から圧力をかけられた3人

Q.

【5533】昭和天皇が大東亜戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近の寺崎英成が記録した原本とされる文書が今年12月6日、ニューヨークで競売会社・ボナムズ[英]により競売に掛けられ、手数料と合わせ27万5000ドル(約3090万円)で落札されました。さて、落札者であり、同文書を皇室に提供する意向であるという、著名な日本人男性は誰でしょう?

答えを見る

東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、2017年12月に、東京オリンピック・東京パラリンピック(2020年)のハイライトの一つとなる開会式と閉会式の演出を手掛ける「4式典総合プランニングチーム」を立ち上げ、8人のメンバーを選出しました。

続きを読む 東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム

物故者 | 2017年6月後半

Q.(死去した人物について)

【5479】1973年から1998年までキリスト教民主同盟(CDU)の党首を務め、1982年から1998年までは連邦首相を務めたドイツ(旧西ドイツ)の政治家は誰?

続きを読む 物故者 | 2017年6月後半

物故者 | 2017年6月前半

Q.(死去した人物について)

【5468】オランダ系アメリカ人である父親のジョンもスタウト・スカラブやリンカーン・ゼファーを手掛けた著名なカーデザイナーである、1961年のイタリア統一百年記念・トリノ国際労働博覧会で会場の連絡に使われたモノレールを手掛けたことでも知られる、1958年、ミシガン大学を卒業後、イタリアのトリノに渡り、自動車ボディーデザインスタジオ「カロッツェリア・ギア」で働き始めた、本名をStevens Thompson Tjaarda van Starkenbergというアメリカのカーデザイナーで、代表作であるスーパーカー、デ・トマソ・パンテーラで知られるのは誰?

続きを読む 物故者 | 2017年6月前半

2017年ユーキャン新語・流行語大賞 | 24問

2017年(平成29年)のユーキャン新語・流行語大賞からのクイズ。

【5433】著書に『在日』『愛国の作法』『悩む力』『母 オモニ』などがあり、平成28年より熊本県立劇場の館長を務めている、日本名を永野鉄男という在日韓国人二世の政治学者で、清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)、俵万智、室井滋、やくみつると共にユーキャン新語・流行語大賞の選考委員を務めているのは誰?
※箭内道彦(やない・みちひこ)は選考委員から外れたらしい。

続きを読む 2017年ユーキャン新語・流行語大賞 | 24問

陣幕親方の娘と結婚〈今日の1問〉

Q.

【5413】今年11月に自身初の著書『生粋』(ナマイキ)を出版し、12月には2冊目の著書『夢でなく、使命で生きる。』が発売される予定である、6月に結婚しており、結婚の報告が遅れた理由について、自分が一般人の範疇と思っていたと語っている、8月には芸能プロダクション、Megu Entertainment株式会社(メグ エンターテインメント)とマネジメント契約を結んだ靴職人(*)で、日本初のオーラルケアマガジン『美歯NAVI』(ビハナビ)の創刊(11月4日)(※創刊号の表紙を飾るのは岡田結実(ゆい))を記念して11月7日に開催された、歯のホワイトニングなどオーラルケア関連の事業を行う株式会社シャリオンによる「BEST SHINIST 2017」(第1回)の表彰式に、その受賞者として出席したのは誰でしょう? ちなみに、結婚相手の矢木麻織香(やぎ・まりか)さんは、大相撲の陣幕親方(元前頭・富士乃真(ふじのしん))の娘です。
(*)中学卒業後、15歳でアメリカへ留学し、その後、イタリアのフィレンツェに渡り、3年間、靴作りの修業を積んだ。

ヒントを見る

答えを見る


生粋(ナマイキ)