タグ別アーカイブ: 事件

Q.

【5493】離島も含めた場合の北海道最南端である、北海道松前郡松前町にある無人島で、今年11月、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の「朝鮮人民軍第854部隊」の木造船が着岸し、その搭乗員が海上保安庁の灯台施設や漁業協同組合の管理小屋、発電機小屋などに入り、家電製品や食糧、燃料、衣類などを盗み、ボイラーや太陽発電装置などを破壊するという事件が発生したのはどこ?

答えを見る

時事 | 2017年6月後半

▼時事クイズ9問

【5357】料理雑誌『あまから手帖』の編集顧問を務めるフードコラムニスト、門上武司(かどかみ・たけし)が、ダイニングカーで提供される料理をプロデュースしている、「美しい日本をホテルが走る」「上品さの中の懐かしさ」「ノスタルジック・モダン」をコンセプトに、今年6月17日に運行が開始されたJR西日本の周遊型臨時寝台列車(クルーズトレイン)といえば、その名称は「TWILIGHT EXPRESS 〔何〕」?
※使用路線は東海道本線、山陽本線、呉線、山陰本線、伯備線。車両は「87系寝台気動車」を使用。

続きを読む 時事 | 2017年6月後半

NYで車暴走8人死亡/テキサス州の教会で銃乱射事件

今回のクイズの答えは、アメリカで最近発生したテロの容疑者。

※問題文中の日付は現地時間。

Q.

【5341】今年10月31日、ニューヨークのマンハッタン南部で、ハドソン川沿いの自転車専用路に小型トラックが突っ込み、8人が死亡する事件が発生しました。事件後、実行犯として拘束されたウズベキスタン出身の29歳の移民男性は誰でしょう?

続きを読む NYで車暴走8人死亡/テキサス州の教会で銃乱射事件

アルジェリア人質事件の首謀者

Q.

【1282】1972年6月1日、アルジェリアのガルダイア生まれ。1991年からアフガニスタン内戦に参加し、その後、母国の反政府組織「武装イスラム集団」(GIA)や、そこから発展した「イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構(AQIM)」などに所属。2012年12月、AQIMを離脱し、「イスラム聖戦士血盟団」を結成し、2013年1月には同グループを率いて、日本人も犠牲になったのアルジェリア人質事件を引き起こしたテロリスト・密輸業者で、今年6月14日に米軍がリビアで実施した空爆により死亡したとされるのは誰?

アフガニスタンでの戦闘で片目を失い、帰国後に、アルジェリアのスラングで「隻眼」という意味の「ベラウエ」という愛称で呼ばれるようになりました。

タバコの密輸でテロ資金を稼いだことから、「ミスター・マルボロ」とも呼ばれていました。

アルジェリア人質事件で死亡した10名の日本人は全員、プラント大手「日揮」(にっき)の社員ら同社関係者でした。

続きを読む アルジェリア人質事件の首謀者

PC遠隔操作事件:冤罪被害者になれる人は限られている。

【ニュース】遠隔操作ウイルス事件「真犯人」メールが再び届く 「早く片山さんに伝えて楽にしてあげてください」

えらいことですわ。
パソコンの遠隔操作ウイルス事件の真犯人を名乗るメールが来たそうです。

この真犯人が本当の犯人なら(なんか変な日本語)、誤認逮捕者数は4人から5人になるから、ゴニンがゴニン逮捕でゴロが良くなりますなあ。

佐藤博史弁護士や江川紹子さんも息を吹き返したでしょう。

片山被告の自白により、それまで冤罪を主張していた人たちは肩身が狭くなってしまったでしょうけど、今回のことで逆襲への希望が持てたんじゃないのかな。

でも、愉快犯が便乗しているだけかもしれませんし、もう何がなんだか分かりません。

小保方騒動の時が特にそうだったけど、どんなどんでん返しがあるか分かりませんから、評論家諸氏は迂闊に口を開けませんのう。でも、意見を求められたら何かを喋らなければならない。因果な商売だ。

それにしても、報道とかを見てると、遠隔操作ウイルスを仕掛けた犯人を見つける確実な方法はないみたいですね。犯人はミスさえしなければ安全でいられるらしいことが社会に知れ渡ってしまいました。

日本の警察はサイバー犯罪に弱いとか言われてますけど、もしそっち方面の人材が不足しているのなら、すご腕のハッカーみたいな人に捜査の協力を依頼すればいいんですよ。というか、おそらくしてるでしょう。それでも容易にはサイバー犯罪者は見つけられないというのが本当のところなのでしょう。

今回の、真犯人からというメールも、「報道関係者などに届いた」とのことですが、どこを経由して届いたのかを調べたところで犯人の手がかりは分からないんでしょうな。おそらく。

ただ、こういう事件の犯人そのものは捕まえにくいとしても、犯人が誰か別の人に冤罪を被せるのは難しくなったと思います。片山事件の誤認逮捕劇で警察も慎重になってますから。

無実の人を犯人に仕立て上げようにも、その人が全くプログラミングの知識がなかったら、真犯人じゃないってすぐバレますよ。
IT関連会社の社員だった片山被告ですら、「C#」が使えないから冤罪の可能性が大きいと言われてたんです。

プログラミングと無縁な人を警察に犯人と思い込ませるのはもう無理です。

C#の普及率は現在のところ、まだ大きくはないそうですから、C#でウイルスを作り、それでもって、他人を誤認逮捕させようにも、ターゲットとなる人を見つけるのは大変でしょう。

パソコンのプログラミングに詳しい人を狙うしかないわけですが、皮肉なことにそういう人は最もウイルスにひっかかりにくいのだ。うかうかするとその人に犯罪の痕跡を見つけられてしまう可能性だってある。

片山被告をめぐる一連の誤認逮捕により、パソコンを持っている人は誰でも冤罪被害者になる可能性があると言われるようになりましたが、プログラミングが出来る人の割合はそんなに高いとは思えませんから、遠隔操作ウイルスが巧妙であればあるほど、警察に犯人と疑われる可能性がある一般人の数は減ります。

まあ、水族館では“事件”か。

水族館でサメがサメをガブリ、茨城県大洗水族館が“事件”を報告。

お騒がせしました・・・

海中で実際に起こっていることが見られたってわけだね。

子供にとってはいい勉強になったでしょう。

それにしても、「普段は静かなサメの海」って・・・。やっぱ水族館は自然じゃないなあ。

食物連鎖が成り立っている水族館ってできないのかな。つまり、外からは餌を入れない。
って、難しすぎか。不可能かも?
生態系の絶妙なバランスを再現したつもりでも、水族館の水槽程度の大きさでは、最終的にはすべての魚が死に絶えてしまうだろうなあ。

警視庁職員が選んだ大事件

創立140周年を迎えた警視庁が、職員へのアンケートによって、10大事件を選びました。

結果は次の通り。

1位  オウム真理教事件 (平成7年~)

2位  東日本大震災 (平成23年3月)

3位  あさま山荘事件 (昭和47年2月)

4位  3億円事件 (昭和43年12月)

5位  大喪の礼/即位の礼・大嘗祭 (平成2年11月)

6位  オウム真理教事件特別手配3人の逮捕 (平成24年1月~)

7位  世田谷一家殺害事件 (平成12年12月)

8位  秋葉原無差別殺傷事件 (平成20年6月)

9位  西南の役 (明治10年2~9月)

10位 八王子スーパー強盗殺人事件 (平成7年7月)

この「警視庁内のアンケート」のニュースを知った当初、どの事件が選ばれるかは、職員の年齢によって大きく違ってくるんじゃないかと思った。
事件の印象は実体験に左右されるから、若い職員は古い事件を選ばないんじゃないかと。
ところが結果を見てみると、若い人ならリアルタイムで知らない事件もいくつか入っている。
いや、若くなくても、「西南の役」なんか、今なら老人にとっても活字でしか知らない出来事だ。

まあ、警視庁の職員ともなると、バランス感覚もあるだろうし、自分基準で新しい事件ばかり選ぶようなことはしないか。
でも、ベスト10がそれなりにバランスがとれているのには他に大きな理由がある。
それは、このアンケートが、事前に選定された100の事件から、1人が3つに投票するという形で行われたということだ。
だから「西南の役」がトップ10に入ってたり、古い事件もちゃんと選ばれていたりするわけだ。

もしこのアンケートが、最初に100のリストが与えられているという形ではなく、選択肢も何もなく自由に3つの大事件を書くというふうになっていたら、上位はほとんど比較的新しい事件ばかりになってしまっていただろう。「西南の役」なんか誰も書かないにちがいない。

上記のトップ10は、そこそこバランスはとれてはいるんだけど、それでもやっぱり古い大きな出来事が抜けているなあと思わざるをえない。

災害なら、例えば室戸台風とか伊勢湾台風もすごかったんじゃないの。ていうか、新聞に載っていた100のリストをサーッと見たところ、室戸台風も伊勢湾台風も入っていなかったような(じっくり読んでいないので・・・、もしかしたら入っているかもしれない)。
そういえば阪神大震災は何位なんだろう?

まあ、アンケートは1人が3つしか投票できないようになっていたから、比較的古い大事件が上位に来ていないのも仕方ない。
リストにある100の大きな出来事は、事件、事故、災害など種類が幅広いからね。
災害ばかり3つ回答するわけにもいかんし、東日本大震災を選んだら、あとはオウム事件とかを答えとこうというふうになるわな。

馬肉事件

ヨーロッパで牛肉に馬肉が混入しているのが判明して大騒ぎ。
味はどうだったのだろう? 牛肉100%と比べて遜色なければ、堂々と馬肉入りを明記して販売するようにしたらいいんじゃないかな。

馬肉事件で思い出すのは、私が高校一年生の時の社会科の先生が教えてくれた「肉のうま煮事件」だ。(ググっても出てこないので、詳細はわかりません)

牛のイラストが描いてある「肉のうま煮」という缶詰(だったと思う)に入っていたのが馬肉だったという事件。
メーカー側はよく考えていた。偽装はしていないと言い張った。原材料の欄に「馬肉」と表記してあるし、商品名の「肉のうま煮」の「うま」は馬であると。かわいい牛のイラストも単なるイメージキャラクターだというのがメーカー側の言い分だった。

でも、牛の絵と「うま煮」の文字を見たら、「うま」は旨いのことだと思うのがふつうだ。それに原材料欄は文字が小さいから読まない人も多いし。

結局偽装ということで片付いたのかな? ところで、いつ、どこの、何という会社が起こした事件なんだろう? そもそも本当にそんな事件があったのだろうか。