タグ別アーカイブ: 言葉

物故者 | 2017年8月前半

〈“今更”時事〉

2017年8月1日~15日

Q.(死去した人物について)

【5909】林功監督、小川節子主演の『色暦大奥秘話』と共に日活ロマンポルノの記念すべき第1弾である、白川和子主演の映画『団地妻 昼下がりの情事』をはじめ、数多くのロマンポルノ作品でメガホンをとった映画監督は誰?

続きを読む 物故者 | 2017年8月前半

平成30年1月発売の広辞苑 | 7問

この度、岩波書店より広辞苑の最新版が刊行されました。
相変わらず、台湾を中華人民共和国の一部として表記するという誤りを犯しています。

では、新・広辞苑についてのクイズをどうぞ。

続きを読む 平成30年1月発売の広辞苑 | 7問

画数が最も少ない(及び、最も多い)「今年の漢字」

今日のクイズは、日本漢字能力検定協会が毎年12月に発表する「今年の漢字」からの出題です。

Q.

【5489】第1回の1995年から2017年までに選出された「今年の漢字」のうち、画数が最も少ない5画である漢字は2つあります。何と何でしょう?

【5490】《ついでに、もう1問》
では、これまた2つある、画数が最も多い15画である漢字は、「輪」(2013年)と何でしょう?

続きを読む 画数が最も少ない(及び、最も多い)「今年の漢字」

2017年ユーキャン新語・流行語大賞 | 24問

2017年(平成29年)のユーキャン新語・流行語大賞からのクイズ。

【5433】著書に『在日』『愛国の作法』『悩む力』『母 オモニ』などがあり、平成28年より熊本県立劇場の館長を務めている、日本名を永野鉄男という在日韓国人二世の政治学者で、清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)、俵万智、室井滋、やくみつると共にユーキャン新語・流行語大賞の選考委員を務めているのは誰?
※箭内道彦(やない・みちひこ)は選考委員から外れたらしい。

続きを読む 2017年ユーキャン新語・流行語大賞 | 24問

Q.

【5237】「コトバンク」の「デジタル大辞泉」[小学館]では、

政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由を重んじる思想全般の意だが、主に1980年代の米国レーガン政権以降は、保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。自由主義的。

と解説されている政治用語で、

安倍晋三首相が掲げたアベノミクスが典型的なこれ(答え)であるといえるのは何?

答えを見る

Q.

【5224】ずばり、関西弁の「ぐねる」って、どういう意味?

ぐねる ??? ああ、方言か。聞き慣れない言葉やね。わたくし、生まれも育ちも大阪府で、現在に至るまでずーっと大阪に住んでいるけど、「ぐねる」は知らなかったなあ。なんとなくイメージはできるけど。

「ぐねる」の勢力分布が見えてきた! わかる派→西日本、わからない派→東日本

答えを見る