テニス 2015年全仏オープン | 2問

さて今回は、今年のテニス・全仏オープンを取り上げます。

Q.

【1209】2008年北京オリンピックの男子ダブルスではロジャー・フェデラーと組んで金メダルを獲得したスイスのプロテニス選手で、今年の全仏オープン、男子シングルスでは、準決勝でジョー=ウィルフリード・ツォンガ[仏]を下し、決勝でノバク・ジョコビッチ[セルビア]を下し、昨年の全豪オープンに続く自身2度目のグランドスラム制覇を果たしたのは誰?
※ツォンガは準々決勝で錦織圭を破った選手。

女子シングルスは、決勝でルーシー・サファロバ[チェコ]を下したセリーナ・ウィリアムズ[米]が優勝。

車いすの部で、男子の国枝慎吾はシングルスとダブルスの2冠を達成。女子の上地結衣(かみじ・ゆい)は、シングルスでは準決勝で敗れ、ダブルスでは決勝で敗れた(グランドスラムダブルス連続優勝は5でストップ)。

【1210】男子シングルス2回戦で、錦織圭はトマス・ベルッシ[ブラジル]にストレート勝ちしました。これは、全仏のセンターコートでは日本男子として1974年以来41年ぶりの勝利です。では、その1974年の全仏オープン・男子シングルスの1回戦で、センターコートでスタン・スミス[米]を破る大金星をあげた日本人選手は誰だったでしょう?

センターコートは、フランスの元選手でのちにフランステニス連盟やITF(国際テニス連盟)の会長も務めた人物の名を冠して「フィリップ・シャトリエ・コート」と名付けられている。ちなみに、Aコートは「スザンヌ・ランラン・コート」と名付けられている。

A.

【1209】スタン・バブリンカ(スタン・ワウリンカ)

【1210】神和住純(かみわずみ・じゅん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。