デビュー作、初登場作品

デビュー作はクイズによく出てきます。

早押しの問題文中のキーワードとして出題されやすい印象があります。

小説家デビュー作、歌手のデビュー曲、俳優のデビュー映画、などなど、様々な分野のデビュー作品を取り上げていく予定です。

表(ひょう)にまとめたもの

§ デビュー曲

原則としてメジャーデビューシングルを取り上げます。

≪ソロ≫ ※女性と男性に分けました。

一人で歌う歌手のデビュー曲です。
歌手よりも役者としての活動の方がメインの人もいます。
グループとしてデビューしている人もいますが、ここではソロデビュー曲を取り上げます。

☆女性歌手
歌手 デビュー年、デビュー曲 デビュー曲のB面(c/w)
岡崎友紀 1970年『しあわせの涙』 『天使の祈り』
天地真理 1971年『水色の恋』 『風を見た人』
麻丘めぐみ 1972年『芽ばえ』 『素晴らしき16才』
あべ静江 1973年『コーヒーショップで』 『ひまわり』
浅野ゆう子 1974年『とびだせ初恋』 『あこがれのあの人』
伊藤咲子 1974年『ひまわり娘』 『オレンジの涙』
太田裕美 1974年『雨だれ』 『白い季節』
木之内みどり 1974年『めざめ』 『月夜の出来事』
片平なぎさ 1975年『純愛』 『甘いさまよい』
岩崎宏美 1975年『二重唱(デュエット)』 『月見草』
大場久美子 1977年『あこがれ』 『太陽がまぶしくて』
石川ひとみ 1978年『右向け右』 『ピピッと第六感』
石野真子 1978年『狼なんか怖くない』 『ひとり娘』
川島なお美 1979年『シャンペンNo.5』 『あなたの胸はドリーム・ランド』
岩崎良美 1980年『赤と黒』 『クライマックス』
柏原芳恵 1980年『No.1』 『何でもない何でもない』
河合奈保子 1980年『大きな森の小さなお家』 『ハリケーン・キッド』
松田聖子 1980年『裸足の季節』 『RAINBOW~六月生まれ』
三原順子 1980年『セクシー・ナイト』 『ミステイク』
伊藤つかさ 1981年『少女人形』 『童話色(めるへんいろ)』
松本伊代 1981年『センチメンタル・ジャーニー』 『マイ・ブラザー』
薬師丸ひろ子 1981年『セーラー服と機関銃』 『あたりまえの虹』
小泉今日子 1982年『私の16才』 『三色れもん』
中森明菜 1982年『スローモーション』 『条件反射』
早見優 1982年『急いで!初恋』 『潮風の予感』
原田知世 1982年『悲しいくらいほんとの話』 『恋のヒント教えて』
堀ちえみ 1982年『潮風の少女』 『メルシ・ボク』
三田寛子 1982年『駈けてきた処女(おとめ)』 『何故ですか?』
伊藤麻衣子 1983年『微熱かナ』 『曲ってる』
富田靖子 1983年『オレンジ色の絵葉書』 『夢少女』
松本明子 1983年『♂×♀×Kiss(オス・メス・キス)』 『ゴメン☆遊ばせて!』
森尾由美 1983年『お・ね・が・い』 『口唇緊張あと5cm』
荻野目洋子 1984年『未来航海-Sailing-』 『流星少女』
岡田有希子 1984年『ファースト・デイト』 『そよ風はペパーミント』
菊池桃子 1984年『青春のいじわる』 『MAY SICK』
工藤夕貴 1984年『野生時代』 『I Miss You』
長山洋子 1984年『春はSA-RA SA-RA 』 『夢の色』
井森美幸 1985年『瞳の誓い』 『恋人になる100の方法』
斉藤由貴 1985年『卒業』 『青春』
佐野量子 1985年『ファースト・レター』 『迷惑ですか』
中山美穂 1985年『「C」』 『スピード・ウェイ』
本田美奈子 1985年『殺意のバカンス』 『恋人失格』
松本典子 1985年『春色のエアメール』 『秘密の17才』
南野陽子 1985年『恥ずかしすぎて』 『さよなら、夏のリセ』
森口博子 1985年『水の星へ愛をこめて』 『銀色ドレス』
国生さゆり 1986年『バレンタイン・キッス』 『恋はRing Ring Ring』
高井麻巳子 1986年『シンデレラたちへの伝言』 『こわれかけたピアノ』
西村知美 1986年『夢色のメッセージ』 『翼にのって』
新田恵利 1986年『冬のオペラグラス』 『ロマンスは偶然のしわざ』
石田ひかり 1987年『エメラルドの砂』 『潮風の秘密』
小川範子 1987年『涙をたばねて』 『嘆きの天使』
工藤静香 1987年『禁断のテレパシー』 『愛が痛い夜』
酒井法子 1987年『男のコになりたい』 『ワガママ・シンドローム』
立花理佐 1987年『疑問』 『月曜日に雨は降らない』
高岡早紀 1988年『真夜中のサブリナ』 『NON!NON!NON!』
島崎和歌子 1989年『弱っちゃうんだ』 『ゼロのKISS』
田中美奈子 1989年『涙の太陽』 『Virgin Eyes』
田村英里子 1989年『ロコモーション・ドリーム』 『涙の半分』
宮沢りえ 1989年『ドリームラッシュ』 『秘密がいっぱい』
高橋由美子 1990年『Step by Step』 『君に止まらない~MY GIRL,MY LOVE~』
和久井映見 1990年『マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ』 『シンプルな理由』
加藤紀子 1992年『今度私どこか連れていって下さいよ』 『引き裂かないで二人を』
飯島愛 1993年『ナイショ DE アイ!アイ!』 『あなただけ幸せになって』

☆男性歌手

《編集中》

§ ディズニーキャラクターのデビュー映画

名前 キャラクター 初登場作品 その名前での初登場作品
グーフィー 1932年『ミッキー一座』 1934年『ミッキーの芝居見物』
プルート ミッキーマウスの
飼い犬
1930年『ミッキーの陽気な囚人』 1931年『ミッキーの猟銃』
ドナルドダック アヒル 1934年『かしこいメンドリ』
デイジーダック ドナルドダックの
彼女
1937年『ドナルドのメキシカン・ドライブ』 1940年『ドナルドのダンス狂』
ヒューイ、デューイ、
ルーイ
ドナルドダックの
甥の三つ子
1938年『ドナルドの腕白教育』

§ 推理小説の名探偵の初登場作品

名探偵 初登場作品 作者
オーガスタス・S・F・X・ヴァン・ドゥーゼン 『十三号独房の問題』  ジャック・フットレル
ジョン・イヴリン・ソーンダイク  『赤い拇指紋』  オースティン・フリーマン
隅の老人  『フェンチャーチ街の謎』  バロネス・オルツィ
マックス・カラドス  『ディオニュシオスの銀貨』  アーネスト・ブラマ
ピーター・ウィムジイ卿 『誰の死体?』 ドロシー・L・セイヤーズ
プリンス・ザレスキー 『オーヴンの一族』  M・P・シール