第1回受賞、優勝

様々な賞の第1回の受賞者や受賞作をまとめていきます。

第1回の優勝も取り上げることにしました。(※2014年4月5日の書き込み)

※第1回には該当しない初代を表記している場合もあります。

文学

§ 日本

≪日本エッセイストクラブ賞(1954年)≫
市川謙一郎『一日一言』 / 吉田洋一『数学の影絵』 / 内田亨『きつつきの路』

≪夏目漱石賞〔主催:桜菊書院〕(1947年度)≫
渡辺伍郎『ノバルサの果樹園』
第2回(1950年度。受賞作は斎藤芳樹の『雨降る孤島』)で終了。

≪ラノベ好き書店員大賞(2012年)≫

  1. 『のうりん』[GA文庫]
    (著:白鳥士郎/イラスト:切符)
  2. 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』[ガガガ文庫]
    (著:渡航/イラスト:ぽんかん⑧)
  3. 『雨の日のアイリス』[電撃文庫]
    (著:松山剛/イラスト:ヒラサト)
  4. 『東雲侑子は短編小説を愛している』[ファミ通文庫]
    (著:森橋ビンゴ/イラスト:Nardack)
  5. 『六花の勇者』[スーパーダッシュ文庫]
    (著:山形石雄/イラスト:宮城)
  6. 『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』」[スニーカー文庫]
    (著:竜ノ湖太郎/イラスト:天之有)
  7. 『アウトブレイクカンパニー』[講談社ラノベ文庫]
    (著:榊一郎/イラスト:ゆーげん)
  8. 『葵~ヒカルが地球にいたころ~』[ファミ通文庫]
    (著:野村美月/イラスト:竹岡美穂)
  9. 『こうして彼は屋上を燃やすことにした』[ガガガ文庫]
    (著:カミツキレイニー/イラスト:文倉十)
  10. 『犬とハサミは使いよう』[ファミ通文庫]
    (著:更伊俊介/イラスト:鍋島テツヒロ)

≪LINEノベル大賞[講談社](2013年)≫

大賞

『SIMPLE』(ERINA著)

優秀賞

金賞・・・『RPG少年と目覚めない少女』(神蔵柾仁著)
友だち賞・・・『ドキドキするのは恋だけでたくさんだ』(相武流生著)

◆詩歌の賞

≪壺井繁治賞(1973年)≫
村上国治(くにじ)『村上国治詩集』
1977年までの名称は「詩人会議賞」。1978年(第6回)は『ナホトカ集結地』により鳴海英吉が受賞。

≪現代詩人賞(1983年)≫
飯島耕一『夜を夢想する小太陽の独言』

≪H氏賞(1951年)≫
殿内芳樹『断層』

●日本詩人クラブ三賞

≪日本詩人クラブ賞(1968年)≫
木村孝『五月の夜』

≪日本詩人クラブ新人賞(1991年)≫
中村不二夫『Mets』

≪日本詩人クラブ詩界賞(2001年)≫
秋吉久紀夫〈編訳〉『現代シルクロード詩集』

≪高見順賞(1971年)≫
三木卓『わがキディ・ランド』 /吉増剛造『黄金詩篇』

≪富田砕花(とみたさいか)賞(1990年)≫
長田弘(おさだひろし)『心の中にもっている問題』

≪萩原朔太郎賞(1993年)≫
谷川俊太郎 『世間知ラズ』

≪中原中也賞(1996年)≫
豊原清明『夜の人工の木』

≪三好達治賞(2006年)≫
清水哲男『黄燐と投げ縄』

≪山本健吉文学賞(2001年)≫
俳句部門・・・伊藤敬子『百景』
短歌部門・・・島田修二『行路』
詩部門・・・田中清光『再生』
評論部門・・・田中義信『元禄の鬼才 宝井其角』 /宮坂静生『俳句からだ感』
歌詞部門・・・福山雅治『桜坂』

◆新潮社の賞

≪三島由紀夫賞(1988年)≫
高橋源一郎『優雅で感傷的な日本野球』

≪山本周五郎賞(1988年)≫
山田太一『異人たちとの夏』

≪小林秀雄賞(2002年)≫
橋本治『三島由紀夫とはなにものだったのか』
斎藤美奈子『文章読本さん江』

◆ノンフィクションを対象とした文学賞

≪大宅壮一ノンフィクション賞(1970年)≫
尾川正二(おかわまさつぐ)『極限のなかの人間』
石牟礼道子『苦海浄土 わが水俣病』 ※辞退。

≪講談社ノンフィクション賞(1979年)≫
柳田邦男『ガン回廊の朝』
立花隆『日本共産党の研究 上・下』

≪新潮ドキュメント賞(2002年)≫
高木徹『ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争』

§ 外国

◆SFの賞

≪ヒューゴー賞 長編小説部門(1953年)≫
アルフレッド・ベスター『分解された男』

≪ネビュラ賞 長編小説部門(1966年)≫
フランク・ハーバート『デューン 砂の惑星』

≪ローカス賞 長篇部門(1971年)≫
ラリー・ニーヴン『リングワールド』
1979年(受賞作はヴォンダ・マッキンタイアの『夢の蛇』)で終了。

≪フランスの五大文学賞≫

ゴンクール賞 1903年 ジョン・アントワーヌ・ノー 『敵なる力』
フェミナ賞 1904年 ミリアム・アリ 『エルサレム征服』
ルノードー賞 1926年 アルマン・リュネル Nicolo Peccavi
アンテラリエ賞 1930年 アンドレ・マルロー 『王道』
メディシス賞 1958年 クロード・オリエ 『演出』

理系

≪ダーウィン=ウォレス・メダルのゴールド・メダル(1908年)≫
アルフレッド・ラッセル・ウォレス
ダーウィン=ウォレス・メダルはロンドンリンネ学会から50年に一度贈られる賞だったが、2008年からは毎年贈られることになった。

≪アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(1946年)≫
カール・コリ
4部門あるアルバート・ラスカー医学研究賞のうちの一つ。他の3部門は、ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞、メアリー・ウッダード・ラスカー公益事業賞、ラスカー・コシュランド医学特別業績賞。

≪ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞(1967年)≫
ルイ・ルロワール[アルゼンチン]
コロンビア大学によって授与される、生物学・生化学の賞。

≪スティーブン・A・クーンズ賞(1983年)≫
アイバン・サザランド
“コンピュータグラフィックス界のノーベル賞”。

≪クラフォード賞(1982年)≫
ウラジーミル・アーノルド、ルイス・ニレンバーグ
分野は「天文学、数学」「地球科学」「生物科学(環境や進化の分野)」。

≪ACMチューリング(1966年)≫
アラン・パリス[米]
計算機科学の賞。

◆ディラック賞 ※左から2列目は授与団体

Dirac Medal of the ICTP アブドゥス・サラム・国際理論物理学センター(ICTP) 1985年 エドワード・ウィッテン、ヤーコフ・ゼルドビッチ
Paul Dirac Medal and Prize イギリス物理学会 1987年 スティーヴン・ホーキング
Dirac Medal WATOC 1998年 ティモシー・J・リー

◆王立学会[英]

≪コプリ・メダル(1731年)≫
スティーヴン・グレイ[英]

≪ダーウィン・メダル(1890年)≫
アルフレッド・ラッセル・ウォレス
生物学における世界最高レベルの賞とされる。2年に一度。

≪ヒューズ・メダル(1902年)≫
ジョゼフ・ジョン・トムソン[英]

≪デービー・メダル(1877年)≫
ローベルト・ブンゼン[独]、グスタフ・キルヒホッフ[独]

≪シルヴェスター・メダル(1901年)≫
アンリ・ポアンカレ[仏]
数学の賞。

§ 数学の賞

≪アーベル賞(2003年)≫
ジャン=ピエール・セール[仏]
ノルウェーの賞。

≪ラマヌジャン賞(2005年)≫
マルセロ・ビアナ
アーベル基金が創設。

≪SASTRAラマヌジャン賞(2005年)≫
マンジュル・バルガヴァ、カナン・サウンダララジャン
SASTRA(インド科学アカデミー)大学による賞。

◆国際数学者会議(ICM)の開会式で授与される賞

≪フィールズ賞(1936年)≫
ラース・ヴァレリアン・アールフォルス[フィンランド]、ジェス・ダグラス[米]
4年に一度授与される。40歳以下、2名以上4名以下という制限がある。

≪ネヴァンリンナ賞(1982年)≫
ロバート・タージャン
4年に一度、40歳以下の研究者に授与される。

≪ガウス賞(2006年)≫
伊藤清
小惑星セレスの軌道を再発見したカール・フリードリヒ・ガウスを記念して設けられた賞。

≪陳省身賞(Chern Medal)(2010年)≫
ルイス・ニレンバーグ
陳省身は、チャーン類、チャーン・サイモンズ理論などで知られる幾何学者。

◆アメリカ数学会(AMS)

≪コール賞(フランク・ネルソン・コール賞)≫
代数部門(1928年)・・・レナード・ユージン・ディクソン
数論部門(1931年)・・・ハリー・シュルツ・ヴァンディヴァー

≪ボッチャー記念賞(1923年)≫
ジョージ・デビット・バーコフ

≪ヴェブレン賞(オズワルド・ヴェブレン幾何学賞)(1964年)≫
クリストス・パパキリアコプロス

芸術、芸能、音楽

≪向田邦子賞[東京ニュース通信社](1982年)≫
市川森一『淋しいのはお前だけじゃない』[TBS]
テレビドラマの脚本作家に与えられる賞。

≪上村松園賞(1951年)≫
秋野不矩(ふく)『少年群像』

≪芥川作曲賞[サントリー音楽財団](1991年)≫
高橋裕(ゆたか)『Symphonic Karma』
芥川也寸志を記念。

≪ロン=ティボー国際コンクール≫
ピアノ部門(1943年)・・・サンソン・フランソワ[仏]
ヴァイオリン部門(1943年)・・・ミシェル・オークレール[仏]
声楽部門(2011年)・・・Kihwan Sim[韓国]

≪ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール(1962年)≫
ラルフ・ヴォタペック[米]

◆世界三大コンクール

≪ショパン国際ピアノ・コンクール(1927年)≫
レフ・オボーリン[ソ連]

≪エリザベート王妃国際音楽コンクール≫

〈前身〉イザイ国際コンクール

ヴァイオリン部門(1937年)・・・ダヴィッド・オイストラフ[ソ連]
ピアノ部門(1938年)・・・エミール・ギレリス[ソ連]

ヴァイオリン部門(1951年)・・・レオニード・コーガン[ソ連]
ピアノ部門(1952年)・・・レオン・フライシャー[米]
作曲部門(1953年)・・・ミハウ・スピサック[ポーランド]
声楽部門(1988年)・・・アガ・ヴィンスカ[ポーランド]

≪チャイコフスキー国際コンクール≫
ピアノ部門(1958年)・・・ヴァン・クライバーン[米]
ヴァイオリン部門(1958年)・・・ヴァレリー・クリモフ[ソ連]
チェロ部門(1962年)・・・ナターリヤ・シャホスカヤ[ソ連]
声楽部門・女声(1966年)・・・ジェーン・マーシ[アメリカ]
声楽部門・男声(1966年)・・・ヴラジーミル・アトラントフ[ソ連]

≪高松宮殿下記念世界文化賞≫

部門  受賞者
絵画  ウィレム・デ・クーニング / デイヴィッド・ホックニー
彫刻  ウンベルト・マストロヤンニ
建築  イオ・ミン・ペイ
音楽  ピエール・ブーレーズ
演劇・映像  マルセル・カルネ

≪写真の賞≫

 主催  年
 伊奈信男賞  ニコン  1976  山村雅昭『植物に』
 木村伊兵衛写真賞  朝日新聞社  1975  北井一夫『村へ』
 土門拳賞  毎日新聞社  1982  三留理男『ケニア飢餓前線』『アコロ』『国境を越えた子供たち』

≪彫刻の賞≫ ※主催は代表的な一つのみを記した。

 主催  年
 中原悌二郎賞  旭川市  1970  木内克(きのうち よし)『婦人誕生』
 平櫛田中賞  井原市  1972  淀井敏夫

スポーツ

≪ジェームスサリバン賞(1930年)≫
ボビー・ジョーンズ
アメリカ合衆国で活躍した最高のアマチュアスポーツ選手に与えられる賞。

§ 野球

◆MLB(メジャーリーグベースボール)

≪ルー・ゲーリッグ賞(1955年)≫
アルヴィン・ダーク
コロンビア大学のファイ・デルタ・シータ友愛会による賞。

≪サイ・ヤング賞(1956年)≫
ドン・ニューカム[ブルックリン・ドジャース]

≪ルーキー・オブ・ザ・イヤー(1947年)≫
ジャッキー・ロビンソン[ブルックリン・ドジャース]

≪最優秀監督賞(1983年)≫
アメリカンリーグ・・・トニー・ラルーサ[シカゴ・ホワイトソックス]
ナショナルリーグ・・・トミー・ラソーダ[ロサンゼルス・ドジャース]

≪ハンク・アーロン賞(1999年)≫
アメリカンリーグ・・・マニー・ラミレス[クリーブランド・インディアンス]
ナショナルリーグ・・・サミー・ソーサ[シカゴ・カブス]

≪ローレイズ・リリーフマン賞(1976年)≫
アメリカンリーグ・・・ビル・キャンベル[ミネソタ・ツインズ]
ナショナルリーグ・・・ロウリー・イーストウィック[シンシナティ・レッズ]

≪DHL デリバリー・マン・オブ・ザ・イヤー(2005年)≫
マリアノ・リベラ[ニューヨーク・ヤンキース]
リリーフ投手を表彰する賞。

≪カムバック賞(1965年)≫
アメリカンリーグ・・・ノーム・キャッシュ[デトロイト・タイガース]
ナショナルリーグ・・・バーノン・ロー[ピッツバーグ・パイレーツ]
2004年まではスポーティング・ニュース社が選定。

≪ロベルト・クレメンテ賞(1971年)≫
ウィリー・メイズ[サンフランシスコ・ジャイアンツ](当時の名称は「コミッショナー賞」)

★日本の野球

≪都市対抗野球の各賞の最初の受賞者≫
※小野賞のみ創設から2年目の年の受賞者を記した。

受賞者 都市 チーム
橋戸賞 第10回 1936 井野川利春 門司 門司鉄道局
久慈賞 第18回 1947 中原宏 岐阜 大日本土木
小野賞 第28回 1957 村上峻介 二瀬 日鉄二瀬
若獅子賞 第44回 1973 中山俊之 白老 大昭和製紙北海道
※1956年、小野賞を最初に受賞したのは、日立市の日本鉱業日立チーム。

◆大相撲

≪三賞(昭和22年11月場所)≫
殊勲賞・・・出羽錦 忠雄
敢闘賞・・・輝昇(てるのぼり) 勝彦
技能賞・・・増位山 大志郎(だいしろう)

◆アメリカンフットボール

≪カレッジフットボールのボウル・ゲーム≫
※右の2列は第1回の開催年及びその年の勝者。

ボウル・ゲーム 開催地(2013年現在) 勝った大学
ローズボウル カリフォルニア州パサデナ 1902 ミシガン大学
シュガーボウル ルイジアナ州ニューオーリンズ 1935 チューレーン大学
オレンジボウル フロリダ州マイアミ 1935 バックネル大学
フィエスタボウル アリゾナ州グレンデール 1971 アリゾナ州立大学
コットンボウル テキサス州アーリントン 1937 テキサスクリスチャン大学
ゲイターボウル フロリダ州ジャクソンビル 1946 ウェイクフォレスト大学

◆ゴルフ

≪世界4大メジャー大会≫
※右の2列は第1回の開催年及びその年の優勝者。

大会 開催月 優勝者
マスターズ・トーナメント 4月 1934 ホートン・スミス
全米オープン 6月 1895 ホーレス・ローリンズ
全英オープン 7月 1860 ウィリー・パーク
全米プロゴルフ選手権 8月 1916 ジム・バーンズ

◆NBA

≪最優秀選手(1955-56シーズン)≫
ボブ・ペティット[セントルイス・ホークス]

≪得点王(1946-47シーズン)≫
ジョー・ファルクス[フィラデルフィア・ウォリアーズ]

≪リバウンド王(1950-51シーズン)≫
ドルフ・シェイズ[シラキュース・ナショナルズ]

≪ルーキー・オブ・ザ・イヤー(1952-53シーズン)≫
ドン・メインケ[フォートウェイン・ピストンズ]

≪最優秀コーチ賞(1962-63シーズン)≫
ハリー・ギャラティン[セントルイス・ホークス]

≪シックスマン賞(1982-83シーズン)≫
ボビー・ジョーンズ[フィラデルフィア・76ers]
ベンチスタートのサブメンバーの中でも特に活躍できる選手のことをシックスマン(第六の男)と言う。

≪MIP(NBA Most Improved Player Award)(1985-86シーズン)≫
アルヴィン・ロバートソン[サンアントニオ・スパーズ]

≪最優秀守備選手賞(1982-83シーズン)≫
シドニー・モンクリーフ[ミルウォーキー・バックス]

◆スキー

≪ホルメンコーレン・メダル(1895年)≫
ヴィクトル・ソーン(ノルディック複合)
ノルウェー、オスロのホルメンコーレンにて授与される。

その他

◇ドイツ年間ゲーム大賞(1979年)・・・「ウサギとハリネズミ」(大賞)

◇ドイツゲーム賞(1990年)・・・「貴族の務め」(1位)

◇孔子平和賞(2010年)・・・連戦[台湾]

◇孔子文化賞(2011年)・・・野村克也、渡邉美樹、北尾吉孝、酒井雄哉(ゆうさい)

≪文化勲章(昭和12年4月28日)≫
長岡半太郎、本多光太郎、木村栄、佐佐木信綱、幸田露伴、岡田三郎助、藤島武二、竹内栖鳳、横山大観

≪テンプルトン賞(1973年)≫
マザー・テレサ
“宗教分野のノーベル賞”。

≪看寿賞(1951年度)≫
北村研一「槍襖」(75手詰)
『詰将棋パラダイス』誌で発表される。

≪南方熊楠賞(1991年)≫
人文の部・・・バーバラ・ルーシュ
自然科学の部・・・神谷宣郎
特別賞・・・小林義雄、長谷川興蔵

≪イグノーベル賞(1991年)≫
化学賞・・・ジャック・ベンベニスト
医学賞・・・アラン・クリガーマン
教育賞・・・ダン・クエール
生物学賞・・・ロバート・クラーク・グラハム
経済学賞・・・マイケル・ミルケン
文学賞・・・エーリッヒ・フォン・デニケン
平和賞・・・エドワード・テラー

≪ショック賞(1993年)≫
論理学・哲学・・・ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン[米]
数学・・・イライアス・スタイン[米]
視覚芸術・・・ホセ・ラファエル・モネオ[スペイン]
音楽芸術・・・イングヴァル・リドホルム[スウェーデン]

≪ウルフ賞≫
農業部門・・・George F. Sprague、John Charles Walker
化学部門・・・カール・ジェラッシ
数学部門・・・イズライル・ゲルファント、カール・ジーゲル
医学部門・・・ジョージ・スネル、ジャン・ドーセ、ジョン・J・ファン・ロッド
物理学部門・・・呉健雄
芸術部門・・・マルク・シャガール、アントニ・タピエス
芸術部門は1981年から、それ以外の5部門は1978年から授与が開始された。

≪京都賞(1985年)≫
先端技術部門・・・ルドルフ・カルマン
基礎科学部門・・・クロード・シャノン
思想・芸術部門・・・オリヴィエ・メシアン

◆経済学の賞

≪ジョン・ベイツ・クラーク賞(1947年)≫
ポール・サミュエルソン
40歳以下のアメリカの経済学者に授与される。

≪日本経済学会・中原賞(1995年)≫
林文夫
中原伸之の寄付によって、創設された。

≪日本経済学会・石川賞(2006年)≫
大竹文雄
石川経夫の名が冠せられている。

◆高校

≪『全国高等学校クイズ選手権』(1983年)≫
山形県立山形南高校

●ナントカ甲子園

≪まんが甲子園(1992年)≫
初芝高等学校[大阪府]

≪俳句甲子園(1998年)≫
愛媛県立東温高等学校

≪書道パフォーマンス甲子園(2008年)≫
愛媛県立三島高等学校

≪スイーツ甲子園(2008年)≫
福井県立金津高等学校(チーム名「ソレイユ」)

≪科学の甲子園(2012年)≫
埼玉県立浦和高等学校

≪世界4大ミス・コンテスト≫ ※一番右は開催地。

ミス・ワールド 1951年 キキ・ハカンソン[スウェーデン] イギリス・ロンドン
ミス・ユニバース 1952年 アルミ・クーセラ[フィンランド] アメリカ・ロングビーチ
ミス・インターナショナル 1960年 ステラ・マルケス[コロンビア] アメリカ・ロングビーチ
ミス・アース 2001年 カテリナ・スベンソン[デンマーク] フィリピン・ケソンシティ

≪ピューリッツァー賞(1917年)≫

◇報道部門

報道・・・ハーバード・ベイヤード・スウォープ(ニューヨーク・ワールド紙記者。受賞対象となったのは「ドイツ帝国の内幕」という記事)
社説・・・ニューヨーク・トリビューン紙(受賞対象となったのは、イギリスの客船ルシタニアの沈没一周年に関する社説)

◇文学芸能部門

伝記・・・ローラ・E・リチャーズ、モード・ハウ・エリオット 『Julia Ward Howe』
歴史書・・・J・J・ジェスラン 『With Americans of Past and Present Days』