ノーベル化学賞

▼歴代受賞者および受賞理由

※まだまだ編集途上です。時期は未定ですが、受賞者についての豆知識を追加する予定です。

20世紀

1901年

化学熱力学の法則、溶液の浸透圧の発見

ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフ[オランダ]

1902年

糖類およびプリン誘導体の合成

エミール・フィッシャー[独]

1903年

電解質溶液理論の研究

スヴァンテ・アレニウス[スウェーデン]

1904年

空気中の希ガス元素の発見と周期律におけるその位置の決定

ウィリアム・ラムゼー[スコットランド]

1905年

有機染料およびヒドロ芳香族化合物の研究

アドルフ・フォン・バイヤー[独]

1906年

フッ素の研究と分離、およびモアッサン電気炉の製作

アンリ・モアッサン[仏]

1907年

化学・生物学的諸研究および無細胞的発酵の発見

エドゥアルト・ブフナー[独]

1908年

元素の崩壊、放射性物質の化学に関する研究

アーネスト・ラザフォード[ニュージーランド、イギリス]

1909年

触媒作用、化学平衡および反応速度に関する研究

ヴィルヘルム・オストヴァルト[独](ロシア領、リガ生まれ)

1910年

脂環式化合物の先駆的研究

オットー・ヴァラッハ[独]

1911年

ラジウムおよびポロニウムの発見とラジウムの性質およびその化合物の研究

マリ・キュリー[ポーランド、フランス]

1912年

グリニャール試薬の発見

ヴィクトル・グリニャール[仏]

 

微細な金属粒子を用いる有機化合物の水素化法の開発

ポール・サバティエ[仏]

1913年

分子内原子の結合研究

アルフレート・ヴェルナー[スイス]

1914年

原子量の精密測定に関する研究

セオドア・リチャーズ[米]

1915年

植物色素物質(クロロフィル)に関する研究

リヒャルト・ヴィルシュテッター[独]

1916年、1917年

※受賞者なし

1918年

アンモニア合成法(ハーバー・ボッシュ法)の開発

フリッツ・ハーバー[独]

1919年

※受賞者なし

1920年

熱化学の研究

ヴァルター・ネルンスト[独]

1921年

放射性物質の化学に関する研究

フレデリック・ソディ[英]

1922年

非放射性元素における同位体の発見と質量分析器の開発

フランシス・アストン[英]

1923年

有機化合物の微量分析法の開発

フリッツ・プレーグル[オーストリア](リュブリャナ(現・スロベニア)生まれ)

1924年

※受賞者なし

1925年

コロイド溶液の研究およびコロイド化学の確立

リヒャルト・ジグモンディ[ドイツ、オーストリア](ウィーン生まれ)

1926年

分散系に関する研究

テオドール・スヴェドベリ[スウェーデン]

1927年

胆汁酸とその類縁物質の構造研究

ハインリッヒ・ヴィーラント[独]

1928年

ステリン類の構造およびそのビタミン類との関連性についての研究

アドルフ・ヴィンダウス[独]

1929年

糖類の発酵研究

アーサー・ハーデン[英]

ハンス・フォン・オイラー=ケルピン[スウェーデン](ドイツ生まれ)

1930年

ヘミンとクロロフィルの構造研究、特にヘミンの合成

ハンス・フィッシャー[独]

1931年

高圧化学的方法の発明と開発

カール・ボッシュ[独]

フリードリッヒ・ベルギウス[独]

1932年

界面化学の研究

アーヴィング・ラングミュア[米]

1933年

※受賞者なし

1934年

重水素の発見

ハロルド・ユーリー[米]

1935年

人工放射性元素の発見

フレデリック・ジョリオ=キュリー[仏]

イレーヌ・ジョリオ=キュリー[仏]

1936年

双極子モーメントおよびX線、電子線回折による分子構造の研究

ピーター・デバイ[オランダ、アメリカ]

1937年

炭水化物およびビタミンCの構造研究

ウォルター・ハース[英]

 

カロテノイド類、フラビン類、ビタミンAおよびB2に関する研究

パウル・カラー[スイス](モスクワ生まれ)

1938年

カロテノイド類、ビタミン類についての研究

リヒャルト・クーン[オーストリア、ドイツ]

1939年

性ホルモンの研究

アドルフ・ブーテナント[独]

 

ポリメチレン類およびテルペン類の研究

レオポルト・ルジチカ[スイス](ブコバル生まれ)

1940年~1942年

※受賞者なし

1943年

化学反応研究におけるトレーサーとしての同位体の応用研究

ゲオルク・ド・ヘヴェシー[ハンガリー]

1944年

原子核分裂の発見

オットー・ハーン[独]

1945年

農業化学および栄養化学における研究と発明、特に飼料保存法の開発

アルトゥーリ・ヴィルタネン[フィンランド]

1946年

酵素の結晶化の発見

ジェームズ・サムナー[米]

 

酵素とウイルスタンパク質の結晶化

ジョン・ノースロップ[米]

ウェンデル・スタンリー[米]

1947年

アルカロイドの研究

ロバート・ロビンソン[英]

1948年

電気泳動装置の考案および血清タンパクの複合性に関する研究

ウィルヘルム・ティセリウス[スウェーデン]

1949年

化学熱力学への貢献、特に極低温における物性の研究

ウイリアム・ジオーク[米](カナダ生まれ)

1950年

ディールス・アルダー反応の発見とその応用

オットー・ディールス[独]

クルト・アルダー[独]

1951年

超ウラン元素の発見

エドウィン・マクミラン[米]

グレン・シーボーグ[米]

1952年

分配クロマトグラフィーの開発およびその応用

アーチャー・マーティン[英]

リチャード・シング[英]

1953年

鎖状高分子化合物の研究

ヘルマン・シュタウディンガー[独]

1954年

化学結合の本性、ならびに複雑な分子の構造研究

ライナス・ポーリング[米]

1955年

硫黄を含む生体物質(特にオキシトシン、バソプレッシン)の構造決定と全合成

ヴィンセント・デュ・ヴィニョー[米]

1956年

気相系の化学反応速度論(特に連鎖反応)に関する研究

シリル・ヒンシュルウッド[英]

ニコライ・セミョーノフ[ソ連]

1957年

ヌクレオチドとその補酵素に関する研究

アレクサンダー・トッド[英](スコットランド生まれ)

1958年

インスリンの構造研究

フレデリック・サンガー[英]

1959年

ポーラログラフィーの理論および発見

ヤロスラフ・ヘイロフスキー[チェコスロバキア]

1960年

炭素14による年代測定法の研究

ウィラード・リビー[米]

1961年

植物における光合成の研究

メルヴィン・カルヴィン[米]

1962年

球状タンパク質の構造研究

マックス・ペルーツ[英](ウィーン生まれ)

ジョン・ケンドリュー[英]

1963年

新しい触媒を用いた重合法の発見とその基礎的研究

カール・ツィーグラー[独]

ジュリオ・ナッタ[伊]

1964年

X線回折法による生体物質の分子構造の決定

ドロシー・ホジキン[英](エジプト生まれ)

1965年

有機合成化学に対する顕著な貢献

ロバート・ウッドワード[米]

1966年

分子軌道法による化学結合および分子の電子構造に関する研究

ロバート・マリケン[米]

1967年

短時間エネルギーパルスによる高速化学反応の研究

マンフレート・アイゲン[独]

ロナルド・ノーリッシュ[英]

ジョージ・ポーター[英]

1968年

不可逆過程の熱力学の研究

ラルス・オンサーガー[ノルウェー、アメリカ]

1969年

分子の立体配座概念の確立

デレック・バートン[英]

オッド・ハッセル[ノルウェー]

1970年

糖ヌクレオチドの発見と糖生合成におけるその役割についての研究

ルイ・ルロワール[アルゼンチン]

1971年

遊離基の電子構造と幾何学的構造の研究

ゲルハルト・ヘルツベルク[ドイツ、カナダ]

1972年

リボヌクレアーゼ分子のアミノ酸配列の決定

クリスチャン・アンフィンセン[米]

 

リボヌクレアーゼ分子の活性中心の構造に関する研究

スタンフォード・ムーア[米]

ウィリアム・スタイン[米]

1973年

サンドイッチ構造を持つ有機金属化合物の研究

エルンスト・フィッシャー[独]

ジェフリー・ウィルキンソン[英]

1974年

高分子化学の理論、実験両面にわたる基礎研究

ポール・フローリー[米]

1975年

酵素による触媒反応の立体化学的研究

ジョン・コーンフォース[オーストラリア、イギリス]

 

有機分子および有機反応の立体化学的研究

ウラジミール・プレローグ[スイス](サラエヴォ生まれ)

1976年

ボランの構造研究

ウィリアム・リプスコム[米]

1977年

非平衡熱力学、特に散逸構造の研究

イリヤ・プリゴジン[ベルギー](モスクワ生まれ)

1978年

生体膜におけるエネルギー転換の研究

ピーター・ミッチェル[英]

1979年

新しい有機合成法の開発

ハーバート・ブラウン[米]

ゲオルク・ウィッティヒ[独]

1980年

遺伝子工学の基礎としての核酸の生化学的研究

ポール・バーグ[米]

 

核酸の塩基配列の決定

ウォルター・ギルバート[米]

フレデリック・サンガー[英]

1981年

化学反応過程の理論的研究

福井謙一

ロアルド・ホフマン[ポーランド、アメリカ]

1982年

電子線結晶学の開発と核酸・タンパク質複合体の立体構造の研究

アーロン・クルーグ[英](リトアニア生まれ)

1983年

金属錯体の電子遷移反応機構の解明

ヘンリー・タウベ[米](カナダ生まれ)

1984年

固相反応によるペプチド化学合成法の開発

ロバート・メリフィールド[米]

1985年

結晶構造を直接決定する方法の確立

ハーバート・ハウプトマン[米]

ジェローム・カール[米]

1986年

化学反応素過程の動力学的研究

ダドリー・ハーシュバック[米]

李遠哲[台湾、アメリカ]

ジョン・ポラニー[カナダ](ベルリン生まれ)

1987年

高選択的に構造特異的な相互作用をする分子(クラウン化合物)の開発と応用

ドナルド・クラム[米]

ジャン=マリー・レーン[仏]

チャールズ・ペダーセン[米](大韓帝国生まれ)

1988年

光合成反応中心の三次元構造の決定

ヨハン・ダイゼンホーファー[独]

ロベルト・フーバー[独]

ハルトムート・ミヒェル[独]

1989年

RNAの触媒機能の発見

シドニー・アルトマン[カナダ、アメリカ]

トーマス・チェック[米]

1990年

有機合成理論および方法論の開発

イライアス・コーリー[米]

1991年

高分解能NMRの開発への貢献

リヒャルト・エルンスト[スイス]

1992年

溶液中の電子移動反応理論への貢献

ルドルフ・マーカス[カナダ、アメリカ]

1993年

DNA化学での手法開発への貢献(PCR法の発明)

キャリー・マリス[米]

 

DNA化学での手法開発への貢献(オリゴヌクレオチドによる部位特異的突然変異法の確立およびそのタンパク質研究への発展に対する基礎的貢献)

マイケル・スミス[カナダ](イギリス生まれ)

1994年

カルボカチオン化学への貢献

ジョージ・オラー[ハンガリー、アメリカ]

1995年

大気化学、特にオゾンの生成と分解に関する研究

パウル・クルッツェン[オランダ]

マリオ・モリーナ[メキシコ]

シャーウッド・ローランド[米]

1996年

フラーレンの発見

ロバート・カール[米]

ハロルド・クロトー[英]

リチャード・スモーリー[米]

1997年

アデノシン三リン酸(ATP)の合成の基礎となる酵素機構の解明

ポール・ボイヤー[米]

ジョン・ウォーカー[英]

 

ナトリウム-カリウムポンプの発見

イェンス・スコウ[デンマーク]

1998年

密度汎関数法の開発

ウォルター・コーン[米](ウィーン生まれ)

 

量子化学における計算化学的方法の開発

ジョン・ポープル[英]

1999年

フェムト秒分光学を用いた化学反応の遷移状態の研究

アハメッド・ズウェイル[エジプト、アメリカ]

2000年

導電性高分子の発見と開発

アラン・ヒーガー[米]

アラン・マクダイアミッド[ニュージーランド、アメリカ]

白川英樹

21世紀

2001年

不斉触媒による水素化反応の研究

ウィリアム・ノールズ[米]

野依良治

 

不斉触媒による酸化反応の研究

バリー・シャープレス[米]

2002年

生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発(生体高分子の質量分析法のための穏和な脱離イオン化法の開発)

ジョン・フェン[米]

田中耕一

 

生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発(溶液中での生体高分子の3次元構造の決定に関する核磁気共鳴分光法の開発)

クルト・ヴュートリッヒ[スイス]

2003年

アクアポリンの発見

ピーター・アグレ[米]

 

カリウムチャネルの研究

ロデリック・マキノン[米]

2004年

ユビキチンを介したタンパク質分解の発見

アーロン・チカノーバー[イスラエル]

アブラム・ハーシュコ[イスラエル](ハンガリー生まれ)

アーウィン・ローズ[米]

2005年

有機合成におけるメタセシス法の開発

イヴ・ショーヴァン[仏](ベルギー生まれ)

ロバート・グラブス[米]

リチャード・シュロック[米]

2006年

真核生物における転写の研究

ロジャー・コーンバーグ[米]

2007年

固体表面の化学反応過程の研究

ゲルハルト・エルトル[独]

2008年

緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見とその応用

下村脩

マーティン・チャルフィー[米]

ロジャー・Y・チエン[米]

2009年

リボソームの構造と機能の研究

ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン[米](インド生まれ)

トマス・A・スタイツ[米]

アダ・ヨナス[イスラエル]

2010年

有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング

リチャード・ヘック[米]

根岸英一

鈴木章

2011年

準結晶の発見

ダン・シェヒトマン[イスラエル]

2012年

Gタンパク質共役受容体の研究

ロバート・レフコウィッツ[米]

ブライアン・コビルカ[米]

2013年

複雑な化学系のためのマルチスケールモデルの開発

マーティン・カープラス[オーストリア、アメリカ]

マイケル・レヴィット[アメリカ、イギリス、イスラエル](南アフリカ共和国生まれ)

アリー・ウォーシェル[イスラエル、アメリカ]

2014年

超高解像度蛍光顕微鏡の開発

エリック・ベツィグ[米]

シュテファン・ヘル[独](ルーマニア生まれ)

ウィリアム・モーナー[米]

2015年

DNA修復の仕組みの研究

トマス・リンダール[スウェーデン]

ポール・モドリッチ[米]

アジズ・サンジャル[トルコ、アメリカ]