NHLの賞

北米のプロアイスホッケーリーグであるNHLには賞が多過ぎだ。

そこで、なるべく分かりやすいように並べることにした。(※掲載していない賞もあります)

出典は主にウィキペディア。キッパリ。

でも、英語のサイトも見る必要があったから、この表を作るのにけっこう苦労しましたよ。

環境によっては右サイドの表示がかぶさっているかもしれませんが、文字の部分は隠れないようにしたつもりです。

▼各賞の第1回受賞者

(注) テッド・リンジー賞は、レスター・B・ピアソン賞(第1回受賞者はフィル・エスポジト[ボストン・ブルーインズ](1970-71))として創設され、2009-10シーズンから改称。

※一番右が第1回受賞者(選手またはチーム)で、カッコ内はシーズンの年。
スタンレー・カップ プレーオフ戦の優勝チーム モントリオールAAA (1893-94)
プリンス・オブ・ウェールズ・
トロフィー  
イースタン・カンファレンスの
優勝チーム(1993-94シーズン~)
モントリオール・カナディアンズ
(1925-26)
クラレンス・S・キャンベル・
ボウル
ウェスタン・カンファレンスの
優勝チーム
フィラデルフィア・フライヤーズ
(1967-68)
プレジデンツトロフィー レギュラーシーズンの
最高成績チーム
エドモントン・オイラーズ
(1985-86)
コーン・スマイス賞 プレーオフ最優秀選手賞 ジャン・ベリヴォー
[モントリオール・カナディアンズ] (1964-65)
ジャック・アダムス賞 最優秀コーチ賞 フレッド・シェーロ
[フィラデルフィア・フライヤーズ] (1973-74)
カルダー記念賞 新人王 カール・ヴォス
[デトロイト・レッドウィングス] (1932-33) 
ビル・マスタートン記念賞 忍耐及びスポーツマンシップ クロード・プロヴォスト
[モントリオール・カナディアンズ] (1967-68) 
キング・クランシー記念賞 リーダーシップ及び人道的貢献 ラニー・マクドナルド
[カルガリー・フレームス] (1987-88)
レディー・ビング記念賞 能力とスポーツマンシップの
融合した選手
フランク・ナイボル
[オタワ・セネターズ] (1924-25)
テッド・リンジー賞 観客の選ぶ最も顕著な選手 アレクサンドル・オベチキン
[ワシントン・キャピタルズ] (2009-10)
ハート記念賞 レギュラーシーズンの
最優秀選手賞
フランク・ナイボル
[オタワ・セネターズ] (1923-24)
アート・ロス記念賞 レギュラーシーズンでの
リーグポイント王
エルマー・ラッチ
[モントリオール・カナディアンズ] (1947-48)
モーリス・“ロケット”・
リシャール賞
レギュラーシーズンの
最多ゴール賞
ティーム・セラニ
[マイティダックス・オブ・アナハイム] (1998-99)
フランク・J・セルケ賞  最優秀守備的フォワード選手 ボブ・ゲイニー
[モントリオール・カナディアンズ] (1977-78)
ジェームス・ノリス記念賞 最優秀ディフェンス選手 レッド・ケリー
[デトロイト・レッドウィングス] (1953-54)
ロジャー・クロージャー・
セイビンググレイス賞 
 ゴーリーの最高セーブ率 エド・ベルフォア
[ダラス・スターズ] (1999-2000)
ウィリアム・M・
ジェニングス賞
最少失点ゴーリー リック・ワムズリー / デニス・ヘロン
[モントリオール・カナディアンズ] (1981-82)
ヴェジーナ賞 チームマネージャーの投票
による最も顕著なゴーリー
ジョージ・ヘインズワース
[モントリオール・カナディアンズ] (1926-27)