問. TVタックルにネット規制派として出演していたロン毛の人は誰?

Q.

【1254】『欲望のすすめ』、『クールジャパンの嘘―アニメで中韓の「反日」は変わらない』、『もう、無韓心でいい』、『知られざる台湾の「反韓」 台湾と韓国が辿った数奇な戦後』、『若者は本当に右傾化しているのか』、『反日メディアの正体 「戦時体制(ガラパゴス)」に残る病理』、『インターネットは永遠にリアル社会を超えられない』などの著書がある、日本を代表する若手保守論客の一人で、「チャンネル桜」の番組「さくらじ」(2014年5月、放送休止)でパーソナリティを務めていたのは誰でしょう?

6月22日に放送された『ビートたけしのTVタックル』、「徹底討論!インターネットに規制は必要?」にホリエモン(堀江貴文)とひろゆき(西村博之)が出演し、番組内でネット規制賛成派の出演者を論破したと話題になっています。
このニュースを最初に読んだ時は、ふーん、そうなの、くらいにしか思わなかったのですが、ネット規制賛成派側に古谷経衡(ふるや・つねひら)(※【1254】の答えです)がいたことを後で知った時は少し驚きました。驚いたといっても、意外という意味ではないのですが。へぇ、出演してたのかぁ、と思っただけです。
他に規制賛成派として出演していたのは自民党衆議院議員の松本文明と弁護士の紀藤正樹。
紀藤弁護士はカルト宗教関連でよくテレビに出ている印象があります。

古谷経衡は上記のTVタックルではホリエモンと舌戦を展開していましたが、昔見たあるYouTube動画ではホリエモンのことを好きだと繰り返し言っていました。
今でもその動画はありました。
↓ ↓ ↓

古谷経衡は、今回のTVタックルの件で、アホなロン毛と片付けられてしまっていますが、そんな単純なものではないでしょう。

ひろゆきは、口が達者なことでも知られていますね。論破されたことが話題になるくらいですから。
↓ ↓ ↓

そういえば、次のような動画もありました。上念司(じょうねん・つかさ)が三橋貴明(みつはし・たかあき)とまだ対立していない時期のものですね。
↓ ↓ ↓

▼古谷経衡

▼上念司

ついでに、上念司の後輩・倉山満の動画も貼っておきましょう。

▼倉山満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。