テーマをTwenty Thirteenに変更。

ワードプレスを3.7.1にアップロードした後、ふと思いついて、テーマをTwenty Thirteenに変更することにした。
後になって思った。サイトを引っ越した直後にTwenty Thirteenにしときゃ、二度手間にならずにすんだのになあと。

Twenty Thirteenにしたのに深い意味はなく、ただなんとなく、新しいテーマの方がいろいろ改善されているのではないかと思っただけだ。

最近はスマホ全盛だし、モバイル端末には新しいテーマの方が画面表示とかの対応が優れているような気がした。

Twenty Thirteen導入後、まず最初にサイドバーにウィジェットを並べようと思ったのだが、どうやら、副ウィジェットというのがその役目のようなので、以前のTwenty Elevenのサイドバーと全く同じ並べ方にして副ウィジェットに入れた。

ところが、Twenty ThirteenにはTwenty Elevenにはあった「デフォルトテンプレート」「サイドバーテンプレート」が見当たらず、かつ、副ウィジェットは記事の上にかぶさるようになっているので、ページによっては記事(固定ページ)の文字が隠れて見えなくなってしまうようになってしまった。
Twenty Elevenなら、デフォルトテンプレートにすればサイドバーは表示されないので、サイドバーテンプレートを使用しないと決めた記事には、横に長く、右に伸びたテーブルをたくさん作ってしまっている。
Twenty Thirteenでは副ウィジェットを設置したら、それは全てのページに表示される。
というわけで、Twenty Elevenのデフォルトテンプレート用に作ったページを改造しなければならなくなった。

まずは副ウィジェットを短めにして、フッターにウィジェットを集めた。Twenty Thirteenはレイアウトからして、ウィジェットはフッターをメインにするのがふつうのやり方のようだ。
副ウィジェットは右上に表示されるので、隠れないように注意すべきなのは上部の記事だけだ。長いページなら下の方の記事には副ウィジェットは届かない。

というわけで、ひたすら各ページの「上部を細くする改造」をおこなった。
意味もなく絵文字を入れたり、不自然なほど縦に長い広告を貼り付けたり、とりあえずなんか文章を書いたり。
(ページの頭が広告ばかりで記事がなかなか見えないのはSEO的によくないというのをどこかで読んだ覚えがあるけど大丈夫かな?)

《追記》
「jetpack」というプラグインには「ウィジェット表示管理」という機能があり、これを有効化すれば、各ウィジェットに「公開状態」ボタンが表示されるようになるので、それをクリックしてオプションを選択すれば、ページごとの表示・非表示が自由自在になる。よって、上記の問題は解決!

記事のレイアウト以外にも、Twenty Thirteenそのものもカスタマイズする必要があった。

子テーマを作って、自分のブログを参考にテーブルのセルの上下左右の間隔を以前カスタマイズしたのと同じ数値にした。

テーブルの上部の見出し(caption)がテーブルから離れ過ぎていたので、それを設定しているらしい数値を探し当てて、小さくした。(検索しまくり)

項目に多用していた黒いダイヤ型「◆(←ほらこんなに小さい)」がえらく小さくなったので、「◇」や「≪ ≫」などに書き直した。なんであんなに小さいんだろう。「番号なしリスト」に使われる文字だからかな?

あと、矢印なんだけど、棒の部分(こんな表現でいいのかな)はもっと長い方がいいなあ。
↑↓←→・・・鳥の足跡みたいな矢印だ。
《追記》 これはフォントについてのことだから、どんな文字や記号が表示されるかはブラウザ等の環境によりけりですね。

ようはフォントを変えればいいんだけどね。

そうそう、子テーマを作ったら、どういうわけか、メニューバーの右にあった、虫めがねマークをクリックしたら表示されるようになっている検索窓がなくなってしまった。
たった今確認したら、実はなくなってはいなかった。虫めがねのマークがなくなっているだけだった。でも、それじゃあ、検索窓がないと思われちゃうよ。見えないのなら、訪問者にとっては存在しないのと同じだ。
★ 虫めがねアイコン問題は解決しました。→ 2014年7月24日の投稿

追記。
ロリポップ!からのメールに「脆弱性を悪用した被害を未然に防ぐため、既に利用していない WordPress がある場合はサーバー上から削除していただきますようお願いいたします」と書いてありましたので、ついに古い方のサイト「クイズネタ」を削除しました。
ですから、検索でクイズネタのページに行こうとすると404エラーの画面が出てしまいます。
この「クイズ王の部屋」のページが検索で上位にバンバン載るようになればいいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。