ワードプレス | ビジュアルエディタ強化プラグインを使わないことにした

数日前、いつものようにこのサイトの記事を書こうと編集画面を開いたら、ツールバーにある「Ultimate Tinymce」(プラグイン)のアイコンがいくつか消えてなくなっていた。表示が消えているだけで、その場所にマウスでカーソルを持っていってクリックすれば設定画面が開くのだが、なぜか真っ白で何も映らない。

ググってみると、WordPress(ワードプレス)を3.9へアップデートすると、Ultimate Tinymceがおかしくなるらしいことが判明。

ということは、何日か待てばそのうちUltimate Tinymceは更新されるのではないかと期待したが、たまたま見つけた次のページによると、もう更新されることはないという。

Ultimate Tinymceの後継 ←リンク切れ

代わりに「WP Edit」というプラグインを使うようにとのこと。

他のいくつかのサイトでは、代わりのプラグイン「TinyMCE Advanced」を使うことにしたと書いてあった。私がUltimate Tinymceに乗り換えるまで使っていたプラグインだ。

Ultimate Tinymceを削除してWP Editを入れてみたが、セルの色を設定する欄が見当たらなかったり、Ultimate Tinymceで重宝した「CSS編集」のアイコンが見つからなかったりで、これだったらプラグイン無しで、テーブルとかもHTML編集でいいかと思えてきた。
テーブルの簡単な骨格のコードをどこかに作っておいて、必要な時にそれをコピペすれば、記事を書く手間もそんなにかからないだろう。

CSS等がよく分からないので、これまでは、テーブルの罫線をくっきりと表示するために、セルのすべてに枠の色を設定してきたが、それだとどうも記述がムダに長いような気がするので、これからはなるべくテーブルの背景色を工夫して罫線が見やすくなるようにしようと思う。

テーブルの縦線が表示されない問題は以前に解決してるし。

2013年10月1日の投稿

「TablePress」など、テーブルに特化したプラグインを入れようかとも考えたが、凝ったテーブルは必要ないので、やっぱりやめた。
というか、テーブル自体、本当に必要な時以外は使わないことにしてるし。

Ultimate Tinymceを外したことにより、ちょっと困ったことがあった。
わりとよく利用していた大きな顔文字(小さい顔文字もちょくちょく利用)が表示されなくなってしまったのだ。まあ、大して意味のない所に顔文字を使っていたので、ページの内容に影響はないからいいけど。
それにしても不思議なのは、プラグインを外してすぐは、すべての顔文字が消えないことだ。以前使っていた絵文字用のプラグインを削除した時もそうだったけど、絵文字・顔文字は、何個かずつ徐々に徐々に非表示になっていくのだ。どういう仕組みなんだろう?

ワードプレス | ビジュアルエディタ強化プラグインを使わないことにした」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。