2015年世界柔道選手権大会 日本人メダリスト

カザフスタンの首都アスタナで開催されていた第33回世界柔道選手権大会が終わりましたので、以下にそれに関するクイズを出します。

答えは全て日本人金メダリスト。《 》内は階級。

Q.

男子 金メダリスト

【1582】《73kg級》
決勝で中矢力(なかや・りき)[綜合警備保障(ALSOK)]を破り、2013年に続く2度目の世界選手権優勝を果たしたのは誰?(2014年の優勝者は中矢力)
※2013年に起こった天理大学柔道部の暴力問題で、暴行現場には居合わせていたため停学処分になっていたことがある。

【1583】《81kg級》
決勝でロイク・ピエトリ[仏]に一本勝ちし、この階級(81kg級)では日本選手として初となる優勝を果たした筑波大学の選手は誰?(前身の階級である78kg級を含めれば、1995年の古賀稔彦以来20年ぶりの優勝)
※6月の全日本学生柔道優勝大会では、主将として筑波大学の初優勝に貢献した。(筑波大学は、大会8連覇を狙う東海大学を決勝で破った。国公立大学としても初の優勝だった)

【1584】《100kg級》
世界選手権初出場で初優勝を飾った旭化成の選手で、東海大相模高校1年の時には金鷲旗で史上初の20人抜きを達成しており、「井上康生の後継者」と呼ばれたのは誰?

女子 金メダリスト

【1585】《52kg級》
北京オリンピックの銅メダリストである三井住友海上火災保険所属の選手で、世界選手権では2009年、2011年、2015年に金メダル、2010年に銀メダルを獲得しているのは誰?

【1586】《57kg級》
ロンドンオリンピックの金メダリストである、現在、ベネシードに所属している選手で、世界選手権では2010年、2015年に金メダル、2011年に銅メダルを獲得しているのは誰?
※「野獣」「野生児」「アサシン(暗殺)」などのニックネームを持つ。

【1587】《78kg級》
母は元バレーボール選手の橋口英子(えいこ)。「猛牛」「女ハンセン」などのあだ名を持つは環太平洋大学在学中の選手で、今年の世界選手権で初出場初優勝を果たしたのは誰?
※環太平洋大学体育学部体育学科教授兼女子柔道部総監督を務めるのは古賀稔彦。

▼その他の日本人メダリスト

男子

60kg級:志々目徹(ししめ・とおる)[了徳寺学園職員] 銅メダル

73kg級:中矢力[綜合警備保障] 銀メダル

90kg級:ベイカー茉秋(ましゅう)[東海大学] 銅メダル
※父親はアメリカ出身。

100kg超級:七戸龍(しちのへ・りゅう)[九州電力] 銀メダル
※優勝したテディ・リネール[仏]は、これで7連覇達成。

女子

48kg級:浅見八瑠奈[小松製作所(コマツ)] 銀メダル
48kg級:近藤亜美[三井住友海上] 銅メダル

63kg級:田代未来(みく)[小松製作所(コマツ)] 銅メダル

78kg超級:田知本愛(たちもと・めぐみ)[綜合警備保障] 銀メダル
78kg超級:山部佳苗(やまべ・かなえ)[ミキハウス] 銅メダル

あと、国別団体戦では、日本が男女ともに優勝を飾りました。

次回の第34回(2017年世界柔道選手権大会)はハンガリーのブダペストで開催される予定です。

A.

【1582】大野将平

【1583】永瀬貴規(たかのり)

【1584】羽賀龍之介

【1585】中村美里

【1586】松本薫(かおり)

【1587】梅木真美(うめき・まみ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。