世界ジュニアフィギュアスケート選手権 日本女子の歴代優勝者

Q.

【2559】このほどハンガーのデブレツェンでで行われた世界ジュニアフィギュアスケート選手権の女子シングルで、SP(ショートプログラム)66.11点、FS(フリースケーティング)126.87点の合計192.98点で、日本人女子としては2010年の村上佳菜子以来6年ぶりとなる優勝を果たした、関西大学中等部在学中でオスカープロモーション所属のフィギュアスケート選手で、本田望結(みゆ)の姉といえば誰?
※SP首位だったアリサ・フェディチキナ[ロシア]は怪我で棄権。

2位はマリア・ソツコワ[ロシア]、3位は樋口新葉(わかば)[開智日本橋学園中学校]、4位は白岩優奈(しらいわ・ゆうな)[京都醍醐FSC]。

男子シングルの結果(3位まで)は、
1位:ダニエル・サモーヒン[イスラエル]
2位:ニコラ・ナドゥー[カナダ]
3位:樋渡知樹(ひわたし・ともき)[アメリカ合衆国] ※両親は日本人。

▼世界ジュニア選手権 日本女子の優勝者

1990年 - 佐藤有香(ゆか)

1993年 - 小岩井久美子

2003年 - 太田由希奈(ゆきな)

2004年 - 安藤美姫

2005年 - 浅田真央

2010年 - 村上佳菜子

2016年 - 本田真凜(まりん)

A.

【2559】本田真凜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。