卓球のナントカ杯

クイズの答えになるような単語は、大概ネットで検索すれば、それが載っているページがずらずらといっぱい出てくる。
でも、まれに、クイズ界ではおなじみの単語なのに検索してもあまりヒットしない場合がある。

例えば、ひと昔前はちょくちょくクイズに出ていた、卓球のホニャララ杯。
スウェースリング杯とかコービロン杯とか。

検索してみたら、上位にくるのはほとんどがクイズ関連のページときたもんだ。

たしか、私が初めて覚えた卓球のカップはスウェースリング杯だったかな。もう昔のことだ。
ある時、筆記クイズで「セントブライド杯」が正解の問題に、深く考えもせずに「スウェースリング杯」と書いたことがあったっけ。
「卓球」「男子」のキーワードだけで機械的に「スウェースリング杯」と覚えていたんだから、そりゃ間違えるわ。
スウェースリング杯は「団体」、セントブライド杯は「個人」。

女子の方は、団体は「コービロン杯」、個人は「ガイスト杯」。
ネット上では、ガイスト杯はとりわけヒットしない。サッカーボールの「+チームガイスト」とか、ポルターガイストのページが上位にくるもんね。カタカナの表記揺れがあって、近い発音の別の表記があるのかな? それとも、今はそんな名前のカップはないとか。

他には、ダブルスがある。
男子は「イラン杯」、女子は「W・J・ポープ杯」。
あと、混合ダブルスの「ヘイドスク杯」がある。
これら3つは、とあるクイズサイトに載っていたのを覚えている。

表にまとめてみよう。

男子 女子
団体 スウェースリング杯 コービロン杯
個人 セントブライド杯 ガイスト杯
ダブルス イラン杯 W・J・ポープ杯
混合ダブルス ヘイドスク杯

正しいことを祈ろう。

セントブライド杯とW・J・ポープ杯については、ある2011年のニュースのページに記述があった。 ※リンク切れ

流行っているらしいソーシャルゲーム『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』に関するサイトには、「スウェースリング杯」が答えの4択クイズがある。

No.19131 卓球・世界選手権の、男子団体優勝カップを何という? ※リンク切れ

あと、検索で同じ文面なのがいくつもヒットするのは、次の4択クイズ。

卓球の世界選手権大会男子団体優勝チームに送られるのは何杯?

セントブライド杯
ヘイドスク杯
スウェースリング杯
マルセルコービロン杯

答え:スウェースリング杯

「送られる」より「贈られる」の方がいいんじゃないかな。

さて、上記の卓球のナントカ杯は、日本語のページでは見つかりにくいのだが、英語のウィキペディアにはまとめて掲載されているページがあった。

てことは、クイズでおなじみだった卓球の優勝杯は現在も存在するということかな。

というわけで、ウィキペディアから抜粋。
↓↓↓

Swaythling Cup for Men’s Team

Corbillon Cup for Women’s Team

St. Bride Vase for Men’s Singles

Geist Prize for Women’s Singles

Iran Cup for Men’s Doubles

W.J. Pope Trophy for Women’s Doubles

Heydusek Cup for Mixed Doubles

「杯」と訳される英単語にもいろいろあるもんだ。上記だけで4種類もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。