その3

このページはノンジャンルでいきます。

〈我が国の国歌『君が代』〉
【ジョン・ウィリアム・フェントン】
アイルランド生まれのイギリスの軍楽隊員。最初の作曲者(※普及せず)。
【奥好義(おく・よしいさ)】
宮内省式部職雅樂課の伶人。『君が代』に採用された旋律の作者。
【林廣守(はやし・ひろもり)】
宮内省式部職雅樂課の一等伶人。『君が代』の撰定者、作曲者(完成させた)。
【林広季 (はやし・ひろすえ)】
林廣守の長男。奥好義と共同で『君が代』を作曲したと言われる。
【フランツ・エッケルト】
ドイツの作曲家。『君が代』の編曲者(西洋風の伴奏・和声を付けた)。

〈その数が最多の都道府県〉
【神社】新潟県 /【お寺】愛知県

【モスク】イスラム教の礼拝堂。
【ミナレット】モスクに付随し、礼拝時刻の告知を行うのに使われる塔。
【パゴダ】仏塔(ストゥーパ)。日本ではミャンマー様式の仏塔のことを言う。

〈1帖(じょう)の枚数〉
【ちり紙】100枚
【美濃紙】50枚(大正時代までは48枚)
【懐紙】30枚
【半紙】20枚
【海苔】10枚

〈海外の発行体が、日本の投資家を対象に日本国内市場で発行する債券〉
【サムライ債】円建て /【ショーグン債】外貨建て

〈ネット銀行、コンビニATMの支店名〉
【ジャパンネット銀行】鳥の名前
【楽天銀行】音楽のジャンルや楽器などの名前
【住信SBIネット銀行】果物の名前
【じぶん銀行】虹の7色にちなんだ名前
【大和ネクスト銀行】七福神の名前
【セブン銀行】花の名前
【イオン銀行】誕生石の名前

◆ファーバーカステル[ドイツ]
1851年、現在も世界基準となっている六角形デザインの鉛筆を発表。
◆カランダッシュ[スイス]
「ヘクサゴナル」「エクリドール」など六角形デザインの高級筆記具で知られる。

【シミュラクラ現象】
3つの点が集まった図形が人の顔に見える。
【パレイドリア効果】
雲の形が顔に見えたり、しみの形が動物に見えたり、といった現象。

【野口五郎岳】富山県・長野県 /【黒部五郎岳】富山県・岐阜県
※歌手の野口五郎は岐阜県出身。

〈「アントニ・ガウディの作品群」の邸宅〉
【グエル邸】ガウディの最大の後援者エウゼビ・グエイの邸宅。
【カサ・ミラ】「石切場(ラ・ペドレラ)」と呼ばれる。
【カサ・バトリョ】「骨の家(Casa dels ossos)」と呼ばれる。

【サン・ベネゼ橋】アヴィニョンの橋。ローヌ川に架かっていた。
【ラングロワ橋】アルルの跳ね橋(ゴッホの絵画)。

〈ドイツ観光街道〉
【ロマンティック街道】ヴュルツブルク~フュッセン
【ドイツ・メルヘン街道】ハーナウ~ブレーメン、ブレーマーハーフェン
【古城街道】マンハイム~ニュルンベルク~プラハ[チェコ]
【ゲーテ街道】フランクフルト~ヴァイマル~ライプツィヒ
【ドイツ・アルペン街道】リンダウ[ボーデン湖]~ベルヒテスガーデン

【ボスポラス海峡】黒海とマルマラ海を結ぶ。
【ダーダネルス海峡 / チャナッカレ海峡】エーゲ海とマルマラ海を結ぶ。

〈パスタ〉
【ボスカイオラ】きこり風 /【プッタネスカ】娼婦風 /【ペスカトーレ】漁師風

【ペスカトーレ】「漁師」の意。魚介類とトマトソースのパスタ。
【カチャトーラ】「猟師風の」という意味のイタリア料理。鶏肉のトマト煮。

【アイスクリームの日】5月9日 /【ソフトクリームの日】7月3日

【前田製菓[石川県能美市]】メジャー松井秀喜サブレ
【前田製菓[大阪府堺市]】前田のクラッカー
【大阪前田製菓[藤井寺市]】乳ボーロ、卵ボーロ、ちょぼちょぼ
【前田産業[大阪市]】チューペット、ミルトン

◆カフェー・プランタン
松山省三が平岡権八郎(ごんぱちろう)とともに開業。命名者は小山内薫。「日本初のカフェ」とされる。
◆カフェーパウリスタ
水野龍(りょう)が開業。

〈競馬:稀代の癖馬〉
カブトシロー
|父オーロイ、母パレーカブト。
|「新聞の読める馬」と呼ばれた。
|主な勝ち鞍:1967年、天皇賞(秋)、有馬記念
エリモジョージ
|父セントクレスピン、母パッシングミドリ。
|「気まぐれジョージ」と呼ばれた。
|主な勝ち鞍:1976年、天皇賞(春)/1978年、宝塚記念

〈マスコットキャラクター〉
【大津びわこ競輪場(※2011年3月11日廃止)】恐竜の「ビッシー」
【びわこ競艇場】ビワコオオナマズの「ビナちゃん」

【IATA】=国際航空運送協会 /【ICAO】=国際民間航空機関

【IATA空港コード】3レターコード /【ICAO空港コード】4レターコード

【IATA航空会社コード】2レターコード /【ICAO航空会社コード】3レターコード

鈴木大拙(だいせつ)
|本名、鈴木貞太郎(ていたろう)。妻はベアトリス・レイン。
|『禅と日本文化』『無心ということ』。
|ユング主催のエラノス会議に出席。
鈴木俊隆(しゅんりゅう)
|林叟院[焼津市]の住職・鈴木包一の父。
|『禅マインド ビギナーズマインド』。
|サンフランシスコの桑港寺の住職となった。

◆佐藤義亮
新潮社の創業者で初代社長。第2代社長の佐藤義夫は息子。第3代社長の佐藤亮一は孫。
◆佐藤亮一
新潮社の第3代社長。斎藤十一と共に『週刊新潮』を創刊し、初代編集長を務めた。
◆斎藤十一
『週刊新潮』『芸術新潮』『新潮45』『FOCUS』などを創刊した伝説の編集者。