その4

このページは、主に理系がらみのネタでいこうと思います。

自然科学

§ 物理学

【アノード】外部回路から電流が流れ込む電極。酸化が起こる電極。
【カソード】外部回路へ電流が流れ出す電極。還元が起こる電極。

【ゼーベック効果】
2種類の金属線からなるループの接点に温度差を設けると起電力が生じる。
【ペルティエ効果】
ゼーベック効果の逆。
【トムソン効果】
一つの金属上で温度差のある2点間に電流を流すと、熱が放出または吸収される。
【ジュール=トムソン効果】
圧縮気体を細孔から噴出させて膨張させると気体の温度が変化する。

【コンバータ】整流器、順変換装置ともいう。交流を直流に変換。
【インバータ】逆変換装置ともいう。コンバータと逆。

〈眼鏡〉
【凹レンズ】近視用 /【凸レンズ】遠視用

レイリー散乱
|光の波長よりも小さいサイズの粒子による光の散乱。
|空が青く見える。
ミー散乱
|光の波長と同程度かそれよりも大きいサイズの粒子による光の散乱。
|雲が白く見える。

§ 地質学

【クリノメーター】地層の走向・傾斜を測る道具。
【キルビメータ】=曲線計 /【プラニメータ】=面積計

〈地層の褶曲(しゅうきょく)〉
【向斜】下に凸の部分。谷上の褶曲。 /【背斜】上に凸の部分。山状の褶曲。

〈河川〉
【瀬】流れが速く水深が浅い場所 /【淵(ふち)】流れが緩やかで深い場所

【ダイラタンシー(レイノルズ現象)】物質に強い力を加えると固体状になる。
【チキソトロピー】物質に強い力を加えると液体状になる。

§ 化学

◆宇田川榕菴
日本で最初に近代化学を紹介した書物『舎密開宗』(せいみかいそう)を出版(※「舎密」という訳語をあてた)。
◆川本幸民
ユリウス・ステックハルト[独]の著書のオランダ語版を和訳し、『化学新書』を出版(※「舎密」に代わり、「化学」の語を初めて用いた)。「日本の化学の祖」と言われる。
◆宇都宮三郎
蕃書調所の精錬方に勤め、精錬方を化学所と改称するよう提案。「化学」という語が普及するきっかけを作った。

【凝析】疎水コロイドに少量の電解質を加え、コロイドを沈殿させる。
【塩析】親水コロイドに多量の電解質を加え、コロイドを沈殿させる。

【池田菊苗】昆布のうま味成分がグルタミン酸であることを発見。
【小玉(こだま)新太郎】鰹節のうま味成分がイノシン酸であることを発見。
【国中明】椎茸のうま味成分がグアニル酸であることを発見。

〈ペプチドホルモン〉
【レプチン】食欲を抑制 /【グレリン】食欲を増進

〈海産物の毒素〉
【パリトキシン】スナギンチャク、アオブダイ、ソウシハギなどが保有する猛毒。
【パフトキシン】ハコフグ科の魚類の皮膚から分泌される。

〈還元性の糖を検出するために用いられる指示薬〉
フェーリング液
|ドイツのヘルマン・フォン・フェーリングが開発。
|酒石酸カリウムナトリウム(ロッシェル塩)が含まれている。
|反応は鋭敏だが、長期保存に耐えられない。
ベネジクト液
|アメリカのスタンリー・ベネディクトが開発。
|尿素には反応しない。

ビウレット反応
|タンパク質やポリペプチドの検出。
|赤紫色~青紫色に呈色。
キサントプロテイン反応
|タンパク質の検出。
|黄色に呈色したものを、さらに冷却し、アンモニアでアルカリ性にすると橙黄色になる。
ニンヒドリン反応(アブデルハルデン反応)
|アミノ酸やタンパク質、ペプチドなどの検出。
|ルーヘマン紫という色素が生成。

【青銅】=ブロンズ・・・銅とスズの合金
【黄銅】=真鍮(しんちゅう)・・・銅と亜鉛の合金

§ 気象学

〈地方風〉
【エテジアン】エーゲ海沿岸地域で夏季に吹く北風。
【ギブリ】アフリカ北部で吹くサハラ砂漠からの風。
【シロッコ】初夏にアフリカから地中海を越えてイタリアに吹く風。
【ハルマッタン】西アフリカで吹く貿易風。

§ 天文・宇宙

【シュヴァルツシルト・ブラックホール】角運動量を持たない。電荷を持たない。
【カー・ブラックホール】角運動量を持つ。電荷を持たない。
【ライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホール】角運動量を持たない。電荷を持つ。
【カー・ニューマン・ブラックホール】角運動量を持つ。電荷を持つ。

ウィリアム・ラッセル
|海王星の第1衛星トリトンの発見者。
|天王星の第1衛星アリエル、第2衛星ウンブリエルの発見者。
ジェラルド・カイパー
|海王星の第2衛星ネレイドの発見者。
|1944年、土星の衛星タイタンにメタンの大気が存在することを確認。

麻田剛立(ごうりゅう)
|「ケプラーの第3法則」を独自に発見したといわれる。(『五星距地之奇法』に記した)
|宝暦13年(1763年)の日食を予言。
|日本最古の、クレーターを含む月面観測図を作成。月のクレーター「アサダ」に名を残す。
|弟子に高橋至時、山片蟠桃、間重富らがいる。
間重富(はざま・しげとみ)
|号:長涯(ちょうがい) /通称:十一屋五郎兵衛
|高橋至時と共に寛政の改暦事業に参加。
|長男の間重新(しげよし)も天文学者。
高橋至時(よしとき)
|伊能忠敬の師。
|『ラランデ暦書管見』を執筆。
|長男は高橋景保、次男は渋川景佑(かげすけ)。
高橋景保(かげやす)
|伊能忠敬の死後、『大日本沿海輿地全図』を完成させた。
|シーボルト事件に連座し、獄死。

【摂動(perturbation)】
太陽系の天体が、引力により楕円軌道からずれる。
【章動(nutation)】
惑星の自転軸に見られる、歳差運動以外の微小な運動。
【秤動(ひょうどう)(libration)】
月が上下左右に揺れ動いているように見える。

§ 生物、生物学

ムチン
|ウナギの体表のぬめり。
|動物の分泌する粘液に含まれる。
|山芋、オクラ、昆布、なめこなどに含まれる。
ルチン
|ミカン科のヘンルーダから発見された。
|エンジュのつぼみや、ソバ、アスパラガスなどに含まれる。
|かつては単体でビタミンPと呼ばれていた。

植物

〈光合成〉
◆ヤン・インゲンホウス[オランダ]
水草を用いて、植物が「きれいな空気」を出すには光が必要であることを発見。
◆ジャン・セネビエ[スイス]
光合成で「固定空気」(二酸化炭素)が取り込まれることを示した。根から取り込むと考えていた。
◆ニコラス・テオドール・ド・ソシュール[スイス]
ソラマメを用いて、植物は空気から二酸化炭素を得ていることを発見。
◆チャールズ・バーネス[米]
「光合成」(photosynthesis)の命名者。

動物

〈陸封型(河川残留型)〉 ※【 】内が陸封型の名称。
【ヒメマス】ベニザケ /【ヤマメ】サクラマス /
【アマゴ】サツキマス /【エゾイワナ】アメマス

〈絶滅した、飛べない鳥〉 ※生息地。
【モア】ニュージーランド /【エピオルニス】マダガスカル島

【ビーバー】=海狸 /【セイウチ】海象 /【アザラシ】海豹 /【イルカ】海豚

【ピット器官】赤外線感知器官 /【ヤコブソン器官】嗅覚器官

【ルッカリー】ペンギンが繁殖期に群れをなして集まったところ。
【クレイシ】ルッカリーで、ヒナだけが集まる保育所。

§ 医学

三宅秀(ひいず)
|東京大学で最初の医学博士。
|日本人で初めて「カレーを見た」とされる。(食べてはいない)
三宅速(はやり)
|九州帝国大学医学部第一外科の初代教授。
|アインシュタインとの親交で知られる。

【クラインフェルター症候群】男性の性染色体にX染色体が1つ以上多いことで発生。
【ターナー症候群】女性の性染色体にX染色体が1本しかないことで発生。

【喀血】気管や呼吸器系統から /【吐血】消化器から

【アベルメクチン(エバーメクチン)】
大村智らが発見した、土壌中の放線菌の一種が産生する物質。
【イベルメクチン】
MSD(メルク・アンド・カンパニー)が大村智と共同で開発した経口駆虫薬。

◆カルテ
診療録。医者が患者の診療経過等を記録したもの。
◆レセプト
診療報酬請求明細書。医療機関が健康保険組合などに請求する医療報酬の明細書。

解剖学

〈視細胞〉
【錐体(すいたい)細胞】明るい所で機能する。フォトプシンを持つ。
【桿体(かんたい)細胞】暗い所で機能する。ロドプシンを持つ。

【小腸】十二指腸、空腸、回腸 /【大腸】盲腸、結腸、直腸

〈心臓〉
【僧帽弁 / 二尖弁】左心房と左心室の間にある。
【三尖弁】右心房と右心室の間にある。

数理科学

§ 数学

  • 2つの角の和が直角(90°)のとき、この2つの角は互いに他の余角であるという。
  • 2つの角の和が平角(180°)のとき、この2つの角は互いに他の補角であるという。

【『算法統宗』】程大位
【『塵劫記』】吉田光由 /【『古今算法記』】沢口一之 /【『発微算法』】関孝和

〈 p と 2p+1 がともに素数である場合〉
p は「ソフィー・ジェルマン素数」 / 2p+1 は「安全素数」。

【ブラーマグプタの公式】
円に内接する四角形の四辺の長さからその四角形の面積を求める。
【ブレートシュナイダーの公式】
四辺の長さ、対角の和から四角形の面積を求める。

工学

【オドメーター】車両が完成してから現在までの累計走行距離を表示。
【トリップメーター】オドメーターと異なり、リセットできるようになっている。

【アラゴの円板】
フランスのフランソワ・アラゴが発見。磁石が回転すると円板も回転。
【ニプコー円板】
ドイツのパウル・ニプコウが発明。機械式テレビジョンの基本構成部品。

情報・通信・コンピュータ

【エンコード】=符号化 /【デコード】=復号化

〈台北市に本社を置くパソコンメーカー〉
エイサー
|1976年、スタン・シーとその妻キャロリン・イーらが設立。
|デスクトップ型のAspireシリーズ。ノート型のTravelMateシリーズ。
ASUS(エイスース)
|1989年設立。
|ZENBOOK、TransBook、デスクトップ型のEee Box、Eee Top。

【EDSAC】世界初の実用的なプログラム内蔵方式の電子計算機。
【EDVAC】ENIACの開発チームが後継機として製作。