その8

このページは、「芸術」、「芸能・音楽」を中心に取り上げます。

美術

【菱川師宣】『見返り美人図』『歌舞伎図屏風』
【喜多川歌麿】『当時三美人』(寛政三美人)、「ポッピンを吹く女」
【葛飾北斎】『富嶽三十六景』『北斎漫画』『二美人図』

【ロバート・インディアナ】
ニューヨークにあるものが有名な彫刻作品『LOVE』の作者である現代美術家。
【ミルトン・グレイザー】
有名な「I NY」(I Love New York)のロゴマークを手掛けたグラフィックデザイナー。

【熱い抽象】ワシリー・カンディンスキー /【冷たい抽象】ピエト・モンドリアン

音楽

【グリッサンド】高さの異なる2音間を一定の速度で連続的に「滑らせて」演奏すること。
【ポルタメント】「声を運ぶ」という意味の言葉に由来。次の音に移る寸前に一気に変化させるところがグリッサンドとの違い。

§ 楽曲

〈『オリンピック賛歌』〉
作詞:コスティス・パラマス / 作曲:スピロ・サマラス

〈唱歌『蝶々』の作詞者〉
一番:野村秋足(あきたり)/二番:稲垣千穎(ちかい)

§ 楽器

〈ギターの奏法〉
【アルアイレ奏法】弾いた後の指は弦から離す。
【アポヤンド奏法】弾いた後の指を隣の弦にタッチする。

〈尺八の奏法〉
【メリ】顎を引き、音程を下げる。/【カリ】顎を浮かせ、音程を上げる。

【ピアノ三重奏】ピアノ、ヴァイオリン、チェロ
【ピアノ四重奏】ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ
【弦楽三重奏】ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ
【弦楽四重奏】第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ

〈セルゲイ・プロコフィエフが作曲した『ピーターと狼』〉
【小鳥】フルート /【アヒル】オーボエ /
【猫】クラリネット /【狼】ホルン3本 /
【おじいさん】ファゴット /【猟師の撃つ鉄砲】ティンパニ、バスドラム

〈世界3大ピアノメーカー〉
【スタインウェイ】アメリカ /
【ベヒシュタイン】ドイツ /【ベーゼンドルファー】オーストリア

§ 歌手、バンド、ユニット、グループ

【May’n(メイン)】
本名、中林芽依(めい)。『マクロスF』に登場するシェリル・ノームの歌唱パートを担当。
【May J.(メイ・ジェイ)】
本名、橋本芽生(めい)。アニメ映画『アナと雪の女王』の日本語版主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」(※エンドロール)を歌った。
【MAY’S(メイズ)】
片桐舞子(ボーカル)と河井純一(プロデューサー兼トラックメイカー)の2人組音楽ユニット。

〈「5人目のビートルズ」と呼ばれた人物〉
【ジョージ・マーティン】ビートルズの楽曲のプロデューサー。
【ブライアン・エプスタイン】ビートルズのマネージャー。1967年死去。

〈父:三浦友和 /母:山口百恵〉
【三浦祐太朗】長男。シンガーソングライター、俳優。ロックバンド、Peaky SALT(ピーキーソルト)でボーカル、ギターを担当した。
【三浦貴大(たかひろ)】次男。映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビューした俳優。
〈父:森進一 /母:森昌子〉
【Taka】長男。本名、森内貴寛(たかひろ)。ロックバンド、ONE OK ROCK(ワンオクロック)のボーカル。
【森内寛樹(ひろき)】三男。ロックバンド、MY FIRST STORYのボーカル(Hiro名義)。

【生田絵梨花】乃木坂46のメンバー /【生田衣梨奈】モーニング娘。のメンバー

【頭脳警察】メンバーは パンタ(中村治雄)とトシ(石塚俊明)。
【ザ・スターリン】ボーカルは遠藤ミチロウ。

映画

〈『去年マリエンバートで』〉
監督:アラン・レネ / 脚本:アラン・ロブ=グリエ

【ベラ・ルゴシ】『魔人ドラキュラ』で、ドラキュラ伯爵の役を演じた。
【ボリス・カーロフ】『フランケンシュタイン』で、フランケンシュタイン博士がが作り上げた怪物の役を演じた。
※共に1931年公開の映画。

『バーバレラ』:監督はロジェ・ヴァディム。主人公バーバレラを演じたのはジェーン・フォンダ。バンド名の由来となったデュラン・デュラン博士が登場。
『バーレスク』:シンガーソングライター、クリスティーナ・アギレラの映画初主演作であるミュージカル映画。

『二十四時間の情事』(原題は『ヒロシマ・モナムール』)
|監督:アラン・レネ /脚本:マルグリット・デュラス
|エマニュエル・リヴァと岡田英次が共演。
『マックス、モン・アムール』
| 監督:大島渚 /脚本:大島渚、ジャン=クロード・カリエール
|人間の女性、マーガレット・ジョーンズ(演:シャーロット・ランプリング)とチンパンジーとの恋愛を描いた作品。

〈3部作の映画の1作品〉
『死霊のはらわた』
|映画監督サム・ライミの長編デビュー作であるスプラッター映画。
|続編に『死霊のはらわたII』、『キャプテン・スーパーマーケット』がある。
『死霊のえじき』
|監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
|『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』、『ゾンビ』に続く、ロメロのゾンビ映画三部作の第3作目。

〈黒澤明監督の映画の元になったシェイクスピアの作品〉
『蜘蛛巣城』:『マクベス』 /『乱』:『リア王』

【フィリップ・エルランジェ】カンヌ国際映画祭の創設者の一人。
【ジョルジュ・クラヴァンヌ】フランスの映画賞、セザール賞の創設者。

その他

〈アルバン・ベルクが作曲したオペラ〉
『ヴォツェック』:原作はゲオルク・ビューヒナーの未完の戯曲『ヴォイツェック』。
『ルル』:原作はフランク・ヴェーデキントの戯曲『地霊』『パンドラの箱』。

〈チャイコフスキーの3大バレエ〉
【オデット】『白鳥の湖』/【オーロラ姫】『眠れる森の美女』/
【クララ】『くるみ割り人形』

【アンナ・パブロワ】ミハイル・フォーキンが振り付けた『瀕死の白鳥』で有名なロシアのバレリーナ。
【エリアナ・パヴロワ】ロシア出身で1937年に日本に帰化したバレリーナ。日本名は霧島エリ子。

〈世界エア・ギター選手権[フィンランドのオウルで開催]〉
【金剛地武志(こんごうち・たけし)】2004年、2005年に4位。2006年に5位。
【ダイノジおおち(大地洋輔)】2006年、2007年に優勝。2008年に6位。(※お笑いコンビ「ダイノジ」での相方は大谷ノブ彦)

〈結婚・離婚を何度も繰り返した女優〉
【ザ・ザ・ガボール】2番目の夫は、ヒルトンホテルの創業者、コンラッド・ヒルトン。
【エリザベス・テイラー】最初の夫はコンラッド・ヒルトン・ジュニア。

§ お笑い、落語

【脱線トリオ】由利徹、南利明、八波むと志(はっぱ・むとし)
【てんぷくトリオ】三波伸介、戸塚睦夫、伊東四朗

〈三題噺を元にしたとされる落語の演目〉
『芝浜』:「酔漢」「財布」「芝浜」
『鰍沢』(かじかざわ):「卵酒」「鉄砲」「毒消しの護符」

〈会長〉 ※平成30年2月7日現在
【落語協会】4代目柳亭市馬 /【落語芸術協会】桂歌丸 /
【上方落語協会】六代桂文枝