年末年始:「ひとつも楽しみはない」・・・そりゃそうでしょう。

【ニュース】年末年始の休暇、20代男性の4人に1人が「ひとつも楽しみはない」と回答

20代から60代までの男女を対象に、年末年始の休暇に関するアンケートをとったら、20代男性の4人に1人が「ひとつも楽しみはない」と回答したそうです。

4人に1人とは案外少ないなあ。このニュースの見出しからすると、他の世代はもっと少ないんだろうね。あと、この見出しだと、女の人は年末年始を楽しみにしている人が男よりは多いのかな? でも、親戚づきあいが憂鬱だという女の人も多いようだけど。

「ひとつも楽しみはない」は「ひとつも」が付いているから、20代男性でも4人に1人しかそう回答した人がいなかったのだろう。

年末年始は「楽しくないことがある」なら、もっと多くの人に当てはまるはずだ。

ぶっちゃけ年末年始は、やりたくないことや鬱陶しいことが多い。

だいいち、寒いよね。まあ、寒いのは正月以降も数カ月は寒いんだけど。

まず、年末の大掃除。なんで年末にやらなきゃいけないんだ。掃除なんか、そろそろ汚れてきたから掃除しようかなと思った時にすればいいんだよ。

それから、正月。普通の子供にとってはお年玉や凧揚げ以外は楽しみではないことの方が多いんじゃないかな。
おせち料理という美味しくないものを食べなきゃいけないし。

極めつけは初詣。あんなもん、行っても全然おもろない。
なんでみんな初詣なんかに行くんだろう?

私は15年以上連続で初詣に行かなかった時期があります。子供の頃は親に無理矢理連れて行かれますから仕方なしに初詣に行きましたけど、大人になったら行く行かないは自由になりますからね。行きたくないところに行く必要はないのです。
それでも、神(「サムシンググレート」など別の言葉でもいい)の存在は信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。