〈トランプ政権〉 閣僚など | 8問

今回のネタ元はアメリカ合衆国内閣。

Q.

【4349】ロシアとの太いパイプを持ち、2013年にはプーチン大統領より友好勲章を授与されている、トランプ政権の国務長官で、以前はエクソンモービルの会長兼最高経営責任者(CEO)だったのは誰?

答:レックス・ティラーソン

【4350】「X-MENシリーズ」や『アバター』などで知られる映画製作会社、ラットパック=デューン・エンターテインメントを2004年に設立している、父親と同じくゴールドマン・サックスに就職し、1994年には同社の共同経営者となった銀行家で、トランプ政権で財務長官となったのは誰?
答:スティーヴン・マヌーチン

【4351】トランプ政権の閣僚として初めての外国訪問で、2月2日に韓国、3日に日本を訪れた、元海兵隊大将という経歴を持つ国防長官で、結婚もせず子供もいないため「戦う修道士(Warrior Monk)」の異名を持ち、また、「狂犬(Mad Dog)」のニックネームで知られるのは誰?
※「狂犬」は誤訳で、「荒くれ者」あたりが近いニュアンスのようです。
答:ジェームズ・マティス

【4352】医師として、頭部が癒着したシャム双生児を分離する手術を成功させるなどの実績があり、2009年に公開されたキューバ・グッディング・ジュニア主演のテレビ映画『奇跡の手』のモデルにもなった、2016年3月に撤退してトランプ支持を表明するまでは、共和党の大統領候補としてトランプと戦っていた人物で、アフリカ系アメリカ人であり、トランプ政権において住宅都市開発長官に指名されたのは誰?
答:ベン・カーソン

【4353】1999年よりテキサス州副知事を務め、2000年、大統領選挙で当選したジョージ・W・ブッシュの後任として、知事に昇格し、2015年までその地位にあった政治家で、トランプ政権においてエネルギー長官に指名されたのは誰?
答:リック・ペリー

【4354】1953年3月26日、台湾の台北市生まれ。2001年、ジョージ・W・ブッシュ政権の労働長官に就任し、アジア系アメリカ人女性として初めてアメリカ合衆国の閣僚となった政治家で、今年1月31日、トランプ政権の運輸長官に就任したのは誰?
答:イレーン・チャオ

【4355】2013年よりインディアナ州知事を務めた政治家で、今年1月、副大統領に就任したのは誰?
答:マイク・ペンス

【4356】《3択問題》
次のうち、ビンス・マクマホン(※WWEの代表取締役会長兼最高経営責任者)の妻であるリンダ・マクマホンがトランプ政権下で就任した閣僚級ポストはどれ?

大統領首席補佐官 国際連合大使 中小企業庁長官

答:中小企業庁長官

A.

【4349】レックス・ティラーソン

【4350】スティーヴン・マヌーチン

【4351】ジェームズ・マティス

【4352】ベン・カーソン

【4353】リック・ペリー

【4354】イレーン・チャオ

【4355】マイク・ペンス

【4356】中小企業庁長官
大統領首席補佐官はラインス・プリーバス、国際連合大使はニッキー・ヘイリー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。