平成29年 春の叙勲 | 11問

今回は、1カ月近く前の時事です。

Q.

【4725】なでしこリーグ、Vリーグ、Bリーグ、ジャパンラグビートップリーグなどが参加している日本トップリーグ連携機構の名誉会長であり、日本ラグビーフットボール協会の名誉会長でもある人物で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を務めており、平成29年の春の叙勲では最高位の桐花大綬章に選ばれたのは誰?
答:森喜朗

【4726】昭和39年に「母恋三味線」でデビューした、本名を脇田節子という、代表曲に「女の港」「女の駅」「乱れ花」「白い海峡」などがある演歌歌手で、平成29年の春の叙勲で旭日小綬章を受章したのは誰?
答:大月みやこ

【4727】旭日小綬章を受章した小説家・佐藤愛子の直木賞受賞作は何?
答:『戦いすんで日が暮れて』

【4728】2001年1月より初代環境大臣を務め、第1次小泉内閣でも環境大臣に再任されたが、田中眞紀子が外務大臣を更迭されたことにより、2002年2月より横滑りで外務大臣に就任した自民党の参議院議員で、2013年7月に政界を引退し、明治大学国際総合研究所特任教授、明治大学研究・知財戦略機構特任教授、豊田通商株式会社取締役、石油資源開発株式会社取締役などに就任したのは誰?
※旭日大綬章を受章。
答:川口順子(よりこ)

【4729】今春、旭日大綬章を受章した、自民党に所属した元衆議院議員の杉浦正健(せいけん)が、2005年10月31日から2006年9月26日まで、第3次小泉改造内閣で務めたのは何大臣?
答:法務大臣

【4730】沖縄科学技術研究基盤整備機構の理事長でもある、線虫をモデル生物とした細胞分化と細胞死のプログラムに関する研究で知られるイギリス人の生物学者で、2002年、「器官発生と、プログラムされた細胞死の遺伝制御に関する発見」によりロバート・ホロビッツ、ジョン・サルストンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞し、今年、春の叙勲で「日本の科学技術研究教育の発展に寄与した」として旭日大綬章を受章したのは誰?
答:シドニー・ブレナー

【4731】日本で唯一のプロのアイスホッケークラブ、H.C.栃木日光アイスバックスを運営する株式会社栃木ユナイテッドの代表取締役である元プロサッカー選手で、今春、旭日双光章に選出されたのは誰?
答:セルジオ越後

【4732】ギニア共和国出身で、フランスのソルボンヌ大学に留学し、1972年、日本に開設されたギニア大使館の大使館員となり、8年間を日本で過ごし、1984年に再来日し、同年、テレビ番組「笑っていいとも!」のオーディションに行き、同番組のレギュラーとなったことがきっかけでタレント活動を開始した人物で、今春、旭日双光章を受章したのは誰?
答:オスマン・サンコン

【4733】2008年、根來泰周(ねごろ・やすちか)の後任として日本野球機構の第12代コミッショナーに就任し、在任中には統一球問題で物議を醸したり、東日本大震災があったりした、外交官として活動し、アメリカ通として知られた人物で、今春、瑞宝大綬章を受章したのは誰?
答:加藤良三

【4734】『光抱く友よ』で芥川賞、『蔦燃』で島清恋愛文学賞、『水脈』で女流文学賞、『透光の樹』で谷崎潤一郎賞を受賞した小説家で、今春、旭日小綬章を受章したのは誰?
答:高樹のぶ子

【4735】1999年に死去した妹の由子(ゆうこ)はピアニストであり、コンサートやレコーディングでの姉妹共演も多かった、一時期、萩原健一と交際していたという世界的ヴァイオリニストで、今春、旭日小綬章を受章したのは誰?
答:前橋汀子(まえはし・ていこ)

A.

【4725】森喜朗

【4726】大月みやこ

【4727】『戦いすんで日が暮れて』

【4728】川口順子(よりこ)

【4729】法務大臣

【4730】シドニー・ブレナー

【4731】セルジオ越後

【4732】オスマン・サンコン

【4733】加藤良三

【4734】高樹のぶ子

【4735】前橋汀子(まえはし・ていこ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。