2016年本屋大賞

今年の本屋大賞が発表されました。

大賞に選ばれたのは、宮下奈都(なつ)の『羊と鋼の森』(ひつじとはがねのもり)でした。

Q.

【2681】今年の本屋大賞で2位だった、住野よるのデビュー作である青春小説で、「キミスイ」と略して呼ばれるのは何?

【2682】1992年に『魚のように』で第2回坊ちゃん文学賞の大賞を受賞し、17歳でデビューした小説家・児童文学作家で、代表作に映画化もされた『きみはいい子』や、テレビドラマ化もされた『わたしをみつけて』、そして、今年の本屋大賞で3位になった『世界の果てのこどもたち』などがあるのは誰?

第1回坊ちゃん文学賞の大賞受賞作は月本裕(ゆたか)の「今日もクジラは元気だよ」。(※『キャッチ』と改題し単行本化された)

今年の本屋大賞の「翻訳小説部門」で1位だったのは、ガブリエル・ゼヴィン著、小尾芙佐(おび・ふさ)訳の『書店主フィクリーのものがたり』[早川書房]でした。


書店主フィクリーのものがたり

▼2016年本屋大賞(第13回) 順位

  1. 『羊と鋼の森』 宮下奈都
  2. 『君の膵臓をたべたい』 住野よる
  3. 『世界の果てのこどもたち』 中脇初枝
  4. 『永い言い訳』 西川美和
  5. 『朝が来る』 辻村深月
  6. 『王とサーカス』 米澤穂信
  7. 『戦場のコックたち』 深緑野分
  8. 『流』(りゅう) 東山彰良
  9. 『教団X』 中村文則
  10. 『火花』 又吉直樹

『羊と鋼の森』と『戦場のコックたち』は第154回直木賞候補作。

『永い言い訳』は第153回直木賞候補作。

『流』は第153回直木賞受賞作。

『火花』は第153回芥川賞受賞作。

A.

【2681】『君の膵臓をたべたい』

【2682】中脇初枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。