MLBで新ルール「投球せず敬遠」が導入されるかも?

メジャーリーグ(MLB)が、投球をせずに敬遠(故意四球)を認めるという新ルールの導入を進めているというニュースがありました。

試合時間短縮のための案だそうで。

四球を投げるのではなく、申告制にするというのですが、実際にどんな合図を出すのかはまだ不明です。

野球を観戦する人なら、誰もが一瞬は考えつくことでしょうね。でも、敬遠から生まれる“ドラマ”がなくなるしぃ、で、結局、現行のルールでまあいいかと思ってしまう、という人が多いでしょう。

とは言うものの、プロはレベルが高いから、実際問題、敬遠から“ドラマ”が生まれることは滅多にないので、投球をせずに敬遠っちゅうのも、アリといえばアリかもしれませんね。

ニュース記事によりますと、敬遠四球は減少傾向にあるので、試合時間削減は最低限にとどまりそうだという。

敬遠を申告制にしても、省くことが出来る「無駄な時間」は、たかが知れていると。

そうかもしれない。

でも、時間で重要なのは長さそのものではありません。
時間を短く感じるか、長く感じるか、これが重要。

野球の敬遠の時間は大して長くはない。でも、見ているとかったるい。

つまらない時間が省ける案だからこそ、賛成する人もいるのです。

余談。
そういえば、松本人志が、ホームランを打った後にダイヤモンドを1周するのは無意味だと言っていたなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。