★1955年及び2015年の米国野球殿堂入り選手

Q.

【711】通算死球数は285であり、これはヒューイー・ジェニングスの287に次ぐ歴代2位の記録である、1988年から2007年までの現役時代のすべてをヒューストン・アストロズで過ごし、2850試合出場、3060安打などのアストロズ最多記録を保持している元メジャーリーガーで、2015年、ランディー・ジョンソン、ペドロ・マルチネス、ジョン・スモルツと共に野球殿堂入りを果たしたのは誰?
※1987年ドラフト1巡目で指名され、捕手として入団。1992年から二塁手へ転向。背番号7は永久欠番。

4人以上の選手が殿堂入りを果たすのは1955年以来、60年ぶりのことです。ちなみに1955年の殿堂入り選手は、ジョー・ディマジオ、フランク・ベーカー、ギャビー・ハートネット、テッド・ライオンズ、レイ・シャーク、ダジー・ヴァンスの6人です。

A.

【711】クレイグ・ビジオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。