第98回全国高等学校野球選手権大会〈今日の1問〉

【3295】《4択問題》
今年の「夏の甲子園(高校野球)」は、8月21日の決勝で北海[南北海道]を7-1で破った作新学院[栃木]が優勝しました。作新学院が夏の甲子園で優勝するのはこれで2回目です。では問題です。作新学院が初優勝したのは西暦何年でしょう? ちなみに、この年は春のセンバツでも優勝しており、史上初の甲子園春夏連覇達成となりました。

1952年 1962年 1972年 1982年

答えを見る

〈ついでに、メモ〉

今大会で、好投手として注目されていた「ビッグ3」とは、横浜[神奈川]の藤平尚真(ふじひら・しょうま)、履正社[大阪]の寺島成輝(てらしま・なるき)、花咲徳栄[埼玉]の高橋昂也(こうや)。

あと、甲子園出場には手が届きませんでしたが、福井県立羽水(うすい)高校の女子マネージャー、古市琴美さんが「JK神ノッカー」として話題になりました。

女子マネージャーといえば、8月2日の甲子園練習で、大分高校の首藤桃奈さんがユニフォームを着てグランドに入り、シートノックを手伝っていたところ、大会役員に退出を命じられるということがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。