★《プロ野球ドラフト》変わった経歴の選手

今回のクイズは、プロ野球のドラフトで指名された、珍しい経歴の持ち主である選手をテーマにしています。

【ニュース記事】2014ドラフト決定、歴代珍経歴の個性派選手は?を参考にしました。

Q.

【449】1964年に100m走で10秒1を記録し、吉岡隆徳(たかよし)の持つ日本記録を29年ぶりに更新した陸上選手で、茨城県庁に勤務していた1968年、ドラフト9位でロッテオリオンズに指名され入団し、「世界初の代走専門選手」として話題を呼んだのは誰でしょう?

【450】1991年のドラフトでロッテから7位指名を受け入団した市場孝之は元大相撲力士(四股名:琴市場(こといちば))ですが、2011年のドラフトで日本ハムから7位指名を受け入団した大嶋匠(たくみ)は、中学生時代から大学生時代まで(新島学園中学校・高等学校[群馬県安中市]、早稲田大学)は何のスポーツの選手だったでしょう?

【451】ドラフト指名された時に勤めていた会社。1986年に西武から1位指名を受け入団した森山良二は「ONOフーヅ」に勤めていましたが、2007年に大学生・社会人ドラフトで阪神から4巡目指名を受け入団した黒田祐輔が勤めていた会社は何でしょう?

【452】故障により北陸銀行野球部を退団後は、実家で大工をしており、元大工の選手として話題になった元プロ野球投手で、1991年、12球団最後の指名となるドラフト10位でダイエーに入団したのは誰でしょう?
※このドラフト会議を最後に伊東一雄(パンチョ伊東)が司会進行を引退したため、伊東が名前をコールした最後の選手となった。

【453】専修学校コンピュータ教育学院の野球部「コンピュータ教育学院硬式野球部」(沖データコンピュータ教育学院)時代は「Microsoft Office Specialist」などの資格を取得しており、イタリア料理店などでアルバイトをして生計を立てていた、現在は広島東洋カープに所属する投手で、2011年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団したのは誰でしょう?

A.

【449】飯島秀雄

【450】ソフトボール
※捕手。

【451】シャンソン化粧品

【452】田畑一也

【453】一岡竜司(いちおか りゅうじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。