★《日本プロ野球2014》個人タイトル

今年のプロ野球の個人タイトルが決まりましたので、それに関するクイズを作ることにしました。

以下はすべて、

2014年度のプロ野球

についてのクイズです。

Q.

【387】セ・リーグの首位打者〔.338〕は阪神のマット・マートンですが、パ・リーグの首位打者〔.331〕であるオリックスの外野手で、出塁率も.424で最高だったのは誰?
※セ・リーグで最高出塁率〔.419〕だったのはヤクルトのウラディミール・バレンティン

【388】パ・リーグの本塁打王〔34本〕は同じ球団から2人が獲得しました。その球団とは何?
※同一チームから2人の本塁打王が同じ年に誕生するのは2リーグ制以降では初。
セ・リーグの本塁打王〔37本〕は広島のブラッド・エルドレッド

【389】セ・リーグの打点王〔109点〕は来日1年目の阪神のマウロ・ゴメスですが、パ・リーグの打点王〔100点〕は日本ハムの誰?

【390】日本人右打者としては最多の193安打を放ったヤクルトの二塁手は誰?
※パ・リーグの最多安打は中村晃[ソフトバンク]の176本。

【391】セ・リーグの盗塁王・梶谷隆幸(かじたにたかゆき)は横浜DeNAベイスターズの選手ですが、パ・リーグの盗塁王・西川遥輝(はるき)はどこの選手?
※梶谷:39盗塁 /西川:43盗塁

【392】最優秀防御率〔1.98〕と最多勝〔16勝〕を獲得したオリックスの投手は誰?
※セ・リーグの最優秀防御率〔2.33〕は菅野(すがの)智之

【393】セ・リーグの最多勝〔13勝〕は2人。阪神のランディ・メッセンジャーと、勝率第1位〔.722〕も獲得している中日の誰?
※メッセンジャーは最多奪三振〔226〕も獲得している。

【394】パ・リーグで、勝率第1位〔.765〕を獲得した岸孝之は埼玉西武ライオンズの投手ですが、最多奪三振〔204〕を獲得した則本昂大(のりもとたかひろ)はどこの投手?

【395】最優秀中継ぎ投手と最多セーブ投手は、セ・パ両リーグどちらも、同じ球団から受賞者が出ています。セ・リーグの方は阪神タイガースですが、パ・リーグの方は何という球団?
※42HP(ホールドポイント):福原忍 /39セーブ:呉昇桓(オ・スンファン)

A.

【387】糸井嘉男

【388】埼玉西武ライオンズ
エルネスト・メヒア中村剛也(たけや)の2人。

【389】中田翔

【390】山田哲人(てつと)

【391】北海道日本ハムファイターズ

【392】金子千尋

【393】山井大介

【394】東北楽天ゴールデンイーグルス

【395】オリックス・バファローズ
※48HP:佐藤達也 /40セーブ:平野佳寿(よしひさ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。