メイウェザーとボクシングルールで対戦〈今日の1問〉

Q.

【5102】UFCでは、現在のところ、15連勝を含む17勝1敗(※2016年3月5日の大会でネイト・ディアスと対戦してリアネイキッドチョークで一本負け)の成績を収めている、2016年11月12日の大会でUFC世界ライト級王者のエディ・アルバレスと対戦してTKO勝ちを収め、フェザー級とあわせてライト級でも王座の獲得に成功し、UFC史上初めて、2階級の王座を同時に保持した選手となったアイルランドの総合格闘家で、今年8月26日、ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われたフロイド・メイウェザー・ジュニアとのボクシング・ルールによる“世紀の一戦”(スーパーウェルター級12回戦)で、10回1分5秒でTKO負けという結果に終わったのは誰?
※メイウェザーはこの勝利で戦績を50戦50勝無敗とし、ロッキー・マルシアノの持つ無敗記録(49戦49勝)を更新した。

T-モバイル・アリーナは、2017-18シーズンからNHL(ナショナルホッケーリーグ)に新規参入する予定のチーム、ベガス・ゴールデンナイツのホームアリーナとしても使用される。

答えを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。