Q.

【5430】「家具の家・カーテンウォールの家」で吉岡賞(1996年)、「紙の教会」でJIA新人賞(1997年)、「ニコラス・G・ハイエックセンター」で日本建築学会賞作品賞(2009年)、「大分県立美術館」でJIA日本建築大賞(2015年)と、数々の受賞歴があり、2014年にはプリツカー賞も受賞している建築家で、今年は紫綬褒章を受章し、さらに、インドのハーモニー財団が主催するマザー・テレサ社会正義賞(正式名称:社会正義のためのマザー・テレサ記念国際賞)に日本人として、そして建築家として初めて選ばれたのは誰?
※吉岡賞とJIA新人賞は共に、建築家の登竜門と呼ばれる。

マザー・テレサ社会正義賞は2005年に創設され、これまでに、ダライ・ラマ14世、マララ・ユスフザイ、国境なき医師団(MSF)などが受賞している。

答えを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。